日本代表MF堂安律がPSVに正式加入

写真拡大

 PSVは30日、日本代表MF堂安律(21)の加入を正式に発表した。

 堂安の移籍は27日に伝えられていたが、メディカルチェックなどを経て正式な加入が決定した。堂安は自身のツイッター(@doan_ritsu)を通じて、「この機会を与えてくれた全ての人に感謝し新しい挑戦に挑みます。これからも応援よろしくお願いします!」と伝えている。

 堂安は2017年6月にG大阪からフローニンゲンに期限付き移籍。17-18シーズンはリーグ戦31試合に出場し、10代選手ではクラブ歴代3位の10得点を挙げていた。完全移籍となった昨季は30試合で5得点を記録していた。

 PSVはアヤックス、フェイエノールトと並ぶオランダ・ビッグ3のひとつ。21回のエール・ディビジ優勝を誇り、昨季はリーグ戦2位で終えた。今季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権は逃したものの、ヨーロッパリーグ出場権は手にしている。