ユースもトップ同様の相手と対戦

写真拡大

ビクトル・バルデスが指揮を執るバルサのフベニールA(U-19)は、29日にCLの抽選会が終了し、エルネスト・バルベルデのトップチームと同じ顔ぶれとなるユースリーグの対戦相手が決定している。

このようにフベニールAは、UEFAユースリーグのグループステージでボルシア・ドルトムント、インテル・ミラノ、そしてスラヴィア・プラハと対戦する。次のステージに駒を進めたければ、彼らを倒さなくてはならない。

トップチームと同様に合計32チームがグループステージを戦い、トップチームと同じ日程で試合が行われる。
ビクトル・バルデスの選手達が掲げる第一目標は、直接決勝トーナメントに進むことのできる首位でこのグループステージを突破することである。

各ステージの2位となった8チームは、次のステージ進出に向けてプレーオフを戦うことになる。その後ラウンド16の顔ぶれが決定し、準決勝が4月17日、そして決勝が4月20日にスイスのニヨンにあるUEFAの本部のすぐ前に位置するコロブレイ・スタジアムで行われる。

アトレティコ・マドリー、バルセロナ、バイエルン・ミュンヘン、ベンフィカ、ユヴェントス、マンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマン、そしてレアル・マドリーが創設から7年連続でこの大会に出場している。

バレンシアvsマジョルカ、A・マドリードvsエイバルを、WOWOWで9/1(日)無料放送!日本人選手の活躍にも期待!
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>