昨季限りで現役を引退した川口能活氏

写真拡大

 昨季限りで現役を引退した川口能活氏が、北中米遠征を行うU-22日本代表のGKコーチを初めて務めることになった。

 U-22日本代表メンバー発表会見の冒頭に関塚隆技術委員長が「GKコーチに川口能活コーチと記載されているが、あくまでGKコーチは下田コーチがメインであって、A代表の活動があるため」と説明。そして、森保一監督は「彼が持っている国内外での経験、そして日本代表での経験を伝えてもらえればと思っている」と答えている。

 なお、A代表と活動が重なって森保監督が不在となる今回の遠征の指揮は、これまで同様に横内昭展監督代行が執ることになる。