街中で見ず知らずの人と名刺交換させるという新人研修を行う企業をめぐり、ネット上で賛否の議論が巻き起こっている。女性新入社員から突然、名刺交換を求められた男性がツイッターで次のような批判したことがきっかけだった。

「駅前で突然、見ず知らずの人と名刺交換をして来いと上司の指示を受けたという新卒の女性に、名刺交換を求められた。相手が、迷惑なのではと負い目を感じている様子だったので、そんな企業は辞めたほうがいいって伝えたら、その場で泣き出してしまい、(女性は)会社を辞めると言っていた」

そんなことやらせてる会社に将来性あるのか

JR品川駅前でこれについて聞いてみると、26歳の広告関係営業職の女性は否定派で、「自分だったら絶対にやりたくないです。それで培われる能力って、頑張って声をかけることなんですか。そんなことしなくてもできますよ」

製造メーカーに勤める47歳の男性は賛成派で、「度胸試しというんであればアリ。守られている人たちが守られているなかで、偉そうなことばかり言ってて、社会に出て何もできない人が多い。そういう経験は大事と思いますね」

作家の吉永みち子「私もやれと言われたら、絶対に嫌です。見ず知らずの人に足を止めさせられ、意味もなく、名刺を下さいと言われた方ははた迷惑ですよ。これは新人いじめみたいな感覚で受け取りました」

玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「これだから日本の経済はダメになるんですよ。いつまでそういう精神論や根性論でビジネスをやろうとしているんだろうかと思いますね。結局は合理性に負けるんですよ」

この会社の将来は大丈夫かね。