6月に続き、18歳の久保が日本代表に招集された。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 日本サッカーの将来を担う18歳がA代表として、初めてアジアの舞台に立つ。

 日本サッカー協会は8月30日、キリンチャレンジカップ2019のパラグアイ戦(9月5日)、ワールドカップ・アジア2次予選のミャンマー戦(同10日)の日本代表メンバー23名を発表した。
 
 メンバーには6月のキリンチャレンジカップ、エルサルバドル戦とコパ・アメリカに出場した18歳の久保建英(マジョルカ)が今回も招集された。久保はワールドカップ・アジア予選の舞台に初参戦となる。

日本代表メンバーは以下の通り。
 
GK
川島永嗣(ストラスブール/フランス)
権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)
シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)
 
DF
長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)
安西幸輝(ポルティモネンセ/ポルトガル)
畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
冨安健洋(ボローニャ/イタリア)
 
MF
原口元気(ハノーファー/ドイツ2部)
柴崎 岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ/スペイン2部)
遠藤 航(シュツットガルト/ドイツ2部)
伊東純也(ヘンク/ベルギー)
橋本拳人(FC東京)
中島翔哉(ポルト/ポルトガル)
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
板倉 滉(フローニンヘン/オランダ)
堂安 律(PSV/オランダ)
久保建英(マジョルカ/スペイン)
 
FW
永井謙佑(FC東京)
大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)

【日本代表PHOTO】キリン杯・パラグアイ戦、W杯アジア2次予選・ミャンマー戦に臨む招集メンバー23人