おはようございます。エステティシャン・美容家の永松 麻美です。皆さんにおすすめしたい朝美容コスメやテクニックを毎週お届けしています。

朝は急いでることが多く、メイクも時間との戦いですよね。そんな中メイクしてすぐに崩れたり、うまく化粧ができないとイライラしたり1日のスタートになってしまします。そうならないように、簡単にメイク効率のあがるコツ3つをご紹介します。

1.メイク崩れ防止の一手間

夏場や脂性肌の人はぜひやってほしい一手間。メイクが崩れやすい、すぐによれる原因のひとつに油分があります。スキンケアのあと、ベースメイクに入る前に余計な油分をティッシュオフすることでメイクよれ、崩れを予防。日焼け止め、下地、ファンデなど油分の多めの製品を使用している場合は塗るたびに軽くティッシュオフしても良いです。油取り紙などだと油分を取りすぎてしまうので、あくまでティッシュで軽くオフがオススメです。

2.白いモロモロを出さないコツ

 

日焼け止めやした時を塗った時になぜか肌から消しゴムのカスのようなモロモロがでてくること、ありませんか?あれは垢や角質ではなく、化粧品に含まれる成分。塗り方のコツとしては化粧品をスライドさせて広げるたりこするような動くではなく、押し広げる感じで摩擦をさけましょう。スキンケア用品をしっかりと浸透させ時間をおいてから次の製品を塗るのも対策です。ただし成分の問題、化粧品同士の相性で注意してもでてしまうこともあるので、塗り方や時間をおいてもモロモロが出る場合は朝だけ原因の化粧品を変えるのがベスト。基本的にはオールインワンのケア用品などゲル系の成分からモロモロが出やすく、合成ポリマー系、シリコン、キサンタンガム、ヒアルロン酸などが多く含まれているものは注意が必要です。

3.マスカラ前の必須テクニック

マスカラがすぐにまぶたや目の下についていると嫌な気持ちにあんりますよね。これはマスカラ前に油分オフをしっかりとオフすることと、目の周り、とくに下まぶたにルーセントパウダーを仕込むことで予防ができます。アイメイク前にティッシュオフして、下まぶたや目の周りにルーセントパウダーを軽く載せると油分でのにじみを防止してくれます。特に一重さんや奥二重さんは、これをやるだけでマスカラの落ち方が変わるはず。

朝の時短メイク。優秀な製品もたくさんあるけれど、アイテムを変えなくてもちょっとした一手間でメイク崩れをヨレを防ぐことができます。まだやっていない、という方はぜひ習慣にしてみてくださいね。