株式会社JR東日本ウォータービジネス(東京都品川区)は10月1日から、日本初である自販機のサブスクリプションサービス「every pass(エブリーパス)」を開始する。

ここ数年でビジネスモデルとして流行を見せているサブスクリプションに注目して生まれたサービスで、月額980円から、毎日好きなドリンクを1本受け取ることができる。

サービスの実施に伴い、9月2日からサービス利用者の募集を行う。

QRコードをかざすだけで1日1本飲み物が受け取れる

▲最新型自販機「イノベーション自販機」出典元:株式会社JR東日本ウォータービジネスプレスリリース

このサービスを利用すれば、JR東日本エリアの駅に設置されている最新型自販機に専用アプリで受け取ったQRコードをかざすだけで、1日1本、対象の飲み物を受け取ることができる。

最新型自販機の設置台数はJR東日本エリアの駅に約400台。いつも利用する駅で簡単に飲み物を受け取ることが可能だ。

出典元:株式会社JR東日本ウォータービジネスプレスリリース

選べる2つのコース

コースは2つ用意されており、オリジナル商品ブランドから選ぶ月額980円のアキュアメイドプランと、他飲料メーカーを含む自販機内全商品が対象となる月額2,480円のプレミアムプランから選べる。

仮に、30日間150円の商品を受け取れば合計4,500円分となり、どちらのプランでもお得に利用することができるという。

出典元:株式会社JR東日本ウォータービジネスプレスリリース

10月1日のサービス開始にあたり、利用者を抽選で500名募集する。応募期間は9月2日から9月16日まで。

詳しい応募方法・注意事項などは公式サイトにて。当選結果は9月下旬を予定している。