29日、横浜市鶴見区のビルの解体工事現場で、高さ約3メートルの金属製のフェンスが歩道に倒れ、歩いていた67歳の女性と11歳の男の子にあたるなどして、女性が腰の骨を折る大けがをしたほか、男の子も軽いけがをした。NHKニュースが報じた。

フェンスは3月から続いている解体工事の現場と歩道を隔てるために設置されていたという。また29日の横浜市は日中、強風注意報が発表されていた。警察は設置状況などについて工事の関係者から話を聞いて、フェンスが倒れた原因を調べることにしている。

ビル解体現場 フェンス歩道に倒れ2人重軽傷 横浜(NHKニュース)