愛媛県今治市は、今秋、同市を元気にするアイデアを全国から募集する「アイアイ今治グランプリ」を実施する。

一般部門の募集期間は、2019年9月1日から2019年10月31日。小学生部門は、2019年11月1日から2020年1月15日。

出典:愛媛県今治市プレスリリース

今治市の新名物アイデアなどを募集

愛媛県今治市は2019年春から、同市の魅力を世界に発信するプロジェクト「i.i.imabari!(アイアイ今治)キャンペーン」を開始した。

3月には第1弾として、「今治タオル」と「さいさいきて屋」のコラボレーションを実施、4月からは新たなご当地スイーツ「今治ブレスト(バリブレスト)」を市内で販売している。

この投稿をInstagramで見る

i.i.imabari!さん(@i.i.imabari)がシェアした投稿 -

今回の「アイアイ今治グランプリ」はこのキャンペーンの一環で、一般部門では、食、場所、体験などといった今治市の新名物のアイデアや、「今治ブレスト」を盛り上げるアイデア、そして平成28年に日本遺産として認定された村上海賊を世界に発信するためのアイデアなどを、広く募集する。

グランプリにはクオカード3万円分などの景品を用意しているという。

小学生ならではのアイデアを募集する小学生部門もあり、この部門では「今治といえばこれ!」という新名物のアイデアを募る。

グランプリには図書カード5000円分が贈呈される。

応募資格は、市内外問わず、全国から誰でも応募が可能。応募用紙に必要事項を記入し、Eメール送信や郵送、または持ち込みにて応募ができる。