滝川クリステルと小泉進次郎

写真拡大

 小泉進次郎(38)と滝川クリステル(41)が結婚――今月7日の水曜日、うだるような暑さの午後に飛び込んできたその知らせに、一瞬、猛暑を忘れたムキも少なくなかったはずである。

 14時前、前触れもなく官邸に赴き、菅官房長官、次いで安倍総理に結婚を報告したご両人。その後で度肝を抜かれる官邸会見となったワケだが、

「実は10日ほど前から噂は出回っていたんです」

【写真】滝川クリステル セクシードレスで「美しいデコルテ」を惜しげも無く披露

 と悔しそうに言うのは、さるテレビ局の政治部記者。

「『40代』『妊娠』まで把握していた社もあり、“相手はカトパンだ!”という話も。中には本人に直接当てて否定されたところもあるなど、ちょっとした騒ぎになっていました」

滝川クリステルと小泉進次郎

 実は、2人はお盆明けの発表で準備を進めていた。が、情報漏れに気が付き、どこかに抜かれる前に、と臨時国会が終わった直後、慌てて発表した――それが謎の時期の会見の真相である。

 それにしても、よりによって権力の中枢で私的な結婚を発表する。誰もが唖然とする会見だったけれど、

「小泉家の伝統的なメディア戦略だと思いました」

 と言うのは、進次郎氏の取材を続ける、ノンフィクションライターの常井(とこい)健一氏である。

「お父さんの純一郎さんの代から“マスコミを敵に回さず、うまく付き合う”というのが伝統。進次郎さんも官邸で会見をやることによって、まずは自分のカウンターパートである政治部記者に花を持たせた。そして、その後すぐに横須賀の実家に戻り、そこではワイドショーや芸能記者たちの取材にも応じた。結果、どこの社にもおいしい思いはさせず、横並びで恨みも買いませんでした」

 そして結婚のニュースはマスコミをジャック。参院選後、山本太郎やら「N国」やらにすっかり話題を奪われていた自民党の絶好のPRという、党への貢献もしっかり果たしたのである。

「まずはじめに菅さんに報告した、というのも意味深ですよね」

 とは、さる全国紙の政治部デスクである。

「小泉さんはいま党の厚生労働部会長ですから、直接の上司に当たるのは、政調会長。スジとしては岸田さんにまず伝えるべきで、岸田さんも冗談交じりですが“俺が上役なのに……”と言っていたとか。また、昨年の総裁選で一票を入れた石破元幹事長に至っては、未だに報告すらしていません。菅さんは同じ神奈川選出で折に触れ相談に乗ってもらってきたという関係もありますが、『ポスト安倍』レースの現在の構図を如実に表す結果になりました。ただ、自民党内には“意図が透けて見えるよね”との声も出ていましたが……」

 ちなみに、進次郎氏は官邸での会見で、こんなことも明かしている。

〈官房長官のところに挨拶に行ったら、今総理もいるからとなって、総理にも報告した〉

「これでは、菅さんのついでに安倍総理のところへ行ったと言わんばかり。結果的に総理に恥をかかせたとも取れる」(同)

 策士、策に溺れる、と言えなくもない舞台裏である。

人目を忍びどこでどうやって…

 それにしても、である。

 昨年1月に交際を始めておきながら、ふたりで外出したのは進次郎氏の実家に挨拶に訪れた時のみ。この言葉を信じれば、知名度抜群の美男美女カップルは一体どこで愛を育んだのか。

 真っ先に挙げられるのは、赤坂の議員宿舎にある進次郎氏の部屋だが、自民党関係者は一笑に付す。

「専用のカードキーでふたりが連れ立って宿舎に入るにしても、進次郎と滝川さんのツーショットは目立ち過ぎます。宿舎の前は記者も行き来するので発覚するリスクが高い。それに、彼女がひとりで宿舎に入るには“滝川クリステル”という名前を事前に来客者登録しなければなりません。当然、噂が広まると思いますよ。仮に地下駐車場を使っても、エレベーターで他の議員と出くわす危険性がありますからね」

 となれば、次なる候補は滝クリの都内一等地のマンション。しかし、芸能記者は、

「彼女のマンションは俳優の小澤征悦(ゆきよし)と付き合っていた頃から追っかけカメラマンに知れ渡っていた。そこを進次郎がひとりで訪れたら間違いなく怪しまれる。周囲の目を警戒するなら絶対に避けるでしょうね」

 お互いの自宅が無理だとすると、シティーホテルで待ち合わせたか。

「いやいや、それも考えづらいですね」

 と断じるのは政治部記者。

「というのも、進次郎はかつて、復興庁の元職員との密会を週刊文春にスッパ抜かれたことがある。現場は都内の高級ホテルでしたが、この件が報じられた後、彼は“ホテルのスタッフが漏らしたんじゃないか”と疑っていた。そんな彼がホテルを利用するとは思えない」

 目下、番記者も知らない進次郎氏の秘密のマンションが愛の巣と囁かれている。人気者が秘密主義を貫くのはラクではないのだ。

「週刊新潮」2019年8月29日号 掲載