ハンドルを握りながら、何度も居眠りを…

写真拡大

過去には死亡事故も

 デイリー新潮は8月29日までに、富士急行のバス運転手がハンドルを握りながら、何度も居眠りをしていた動画を入手した。富士急行側は「適切ではない運転だったが、運転手は居眠りしていなかった」と説明している。

 ***

【動画】富士急行「高速バス運転手」の激しい“船漕ぎ”

 公共交通機関の運転手が、勤務中に居眠り――我々乗客にとって、極めて恐ろしいシチュエーションであることは論を俟たない。

 例えばJR東日本千葉支社は8月14日、20代の男性運転手が7月、JR外房線で普通電車の乗務中に居眠りをしていたと発表した。

 運転中にうとうとする様子を乗客が動画に撮影し、ツイッターに投稿して発覚した。多くのテレビ局がニュースで動画を流したため、ご覧になった方も多いだろう。

ハンドルを握りながら、何度も居眠りを…

 バスの場合は古い話になるが、2012年の「関越自動車道高速バス居眠り運転事故」が記憶に残る。

 事故を起こした「ツアーバス」はJR金沢駅を出発し、新宿駅や東京ディズニーランドを目指していた。そして4月29日の早朝、群馬県藤岡市の関越自動車道上り線・藤岡ジャンクション付近で防音壁に衝突。バスは大破して7人が死亡し、14人が重体や重傷、25人が軽傷という大惨事となった。

 群馬県警は当時43歳の運転手を逮捕。中国残留孤児の子弟で、1994年に日本国籍を取得したが、日本語の能力は高くなく、逮捕後も通訳を必要としたという。

 14年に前橋地裁は、運転手に対して自動車運転過失致死などの罪で懲役9年6か月と罰金200万円の有罪判決を言い渡した――これが事故のあらましだ。

 冒頭で説明した通り、この記事で我々は入手した動画を掲載している。運転手の“船漕ぎ”がどれほど激しいか、ぜひお確かめいただきたい。

 動画が撮影されたのは7月26日。午前11時35分に山梨県の河口湖バス停を出発、富士急ハイランドなど数カ所のバス停を経由し、終点は渋谷マークシティだった。

 30代の自営業男性が、スマートフォンで撮影を行った。一体、高速バスの車内で何が起きてきたのか、最初から振り返ってもらった。

「別荘が河口湖にあり、都内の自宅へ帰るためにバスに乗りました。月に2、3回は富士急行の高速バスを利用しています。始発の河口湖で、ほとんど満席でした。私の席は、たまたま運転手さんの真後ろでした」

 出発する直前、運転手は「うわっ」と悲鳴を上げた。「足がつった」と呟き、「痛たたたたた」と苦しんでいたという。男性は「大丈夫か」と不安を感じた。

 他の乗客は大半が中国人観光客。日本語が分からないこともあったのか、運転手の悲鳴には全く関心を示していなかった。スマホに夢中になっている観光客も少なくなかったという。

「バスは最初、一般道を走っていました。私は持参していた本を読んでいたのですが、ふと『どこを走っているのだろう』と視線を前に向けました。すると東名高速を走っていることに気づき、ほぼ同時に、運転手さんの頭が上下にがくがく揺れている光景も目に飛び込んできたのです」

 あまりに頭が上下動するため、自営業の男性は最初、病気を疑った。だが運転手は、眠気を覚ます効果が期待できるからか、菓子の「ミンティア」や水を口にしたり、自分で自分の頬を叩いたりした。そのため居眠り運転を確信したという。

「後ろから声をかけ、目を覚ましてもらおうかとも考えました。ただ、あまりに意識が朦朧としているようなので、私が声をかけたことで、運転手さんがハンドルを大きく右や左に切ってしまわないか不安になりました」

誠意が感じられない対応

 そこで「いざとなったら自分が運転席に飛び込み、ハンドルを握ってブレーキを踏もう」と考え、不測の事態が起きた時の証拠にしようと動画を撮影することにした。

「運転手さんが目を覚ましたり、頭をガクガク揺らしたりを繰り返しても、バスのスピードは全く変わりませんでした。デジタル表示された速度が一定値を示しているのも見えたので、スピードを自動制御する『オートクルーズ』になっているんだろうと判断しました」

 男性は「席を立ち、運転手さんの顔を撮影すれば証拠能力は高くなるだろう」とも考えたが、それは自粛したという。

「警察に通報するつもりはなかったですし、運転手さんの名札が車内に掲示されていて、それは撮影できていました。また運転手さんが撮影に気づいてショックを受け、ハンドル操作を誤り、交通事故が起きてしまうことも懸念しました。同じように、私の撮影で中国人観光客の方々が居眠り運転に気づかれても、パニックが起きてしまうのではないかと思いました」

 撮影を終えると、男性は突発的なアクシデントに備え、運転手の一挙手一投足に注目したという。だが、渋谷に近づくにつれ、運転手は目を覚ましていった。

「高速道路が渋滞していたことが幸いしました。順調に流れている時は眠気に苦しんでいるようでしたが、のろのろ運転になって目を覚ましたようです。その後は事故の不安も消え、無事に渋谷マークシティへ到着しました」

 バスの運転手は何事もなかったように運転を終えた。乗客も普通にバスを降りた。男性も都内の自宅へ戻ったのだが、撮影した動画を改めて見て驚愕したという。

「不思議なもので、自分の目で運転手さんの居眠り運転を見ていた時より、動画のほうが恐怖を感じたんです。『こんなに危険な状況だったんだ』と再認識したんですね。そこで、『これは会社に通報したほうがいい』と考え、領収証に書いてあった電話番号に連絡をしました」

 26日の午後4時ごろに電話をすると、女性が応対した。バスの運転手が居眠り運転をしていたと説明すると、「ええっ!?」と驚き、「上司から電話させる」と言った。落ち着いた対応だったが、動揺を隠している気配も感じたという。

「50分後、私の携帯が鳴りました。担当者の男性が『申し訳ありませんでした』と謝罪され、『あらましを教えてほしい』というようなことを言われました。そこで車内の一部始終を説明しました。私が動画を撮影したことも伝えましたが、担当者の方は、ドライブレコーダーで運転手さんの様子は記録しており、併せて事情聴取も行うと教えてくださいました。そして『調査結果は、お電話でお伝えします』と約束された記憶があります」

 ところが数日が経過しても、全く電話がない。1週間後、改めて富士急行に電話した。

「『先日の件で電話しました』と伝えると、前と同じ声の男性に『どうされましたか?』と訊かれました。自分が電話すると言ったのに、どうされたもないだろうと思い、『連絡をくれるって仰いましたよね』と抗議すると、慌てた気配が伝わってきました。しかし調査結果として、『非常に不自然な運転ですけど、居眠りはしていませんでした』という回答なのです。それはないだろうと思い、いくつか質問をさせてもらったのですが、具体的なことは何も言わない。とにかく『不自然な運転ですが、居眠りではありません』を繰り返すだけでした」

 話が平行線を辿る中、富士急行の担当者が「お客さまはどのような対応を望んでおられるのですか?」と訊いてきたという。

 バスに乗っていた男性は、「事情聴取の内容を知りたい。運転手さんは元気だったのか、それとも健康に問題があったのですか?」と具体的に訊いても、それには答えない。

 担当者は、「事情聴取の結果は資料として残しました。お客さまのご指摘も記録しました。運転手には厳重に注意します」などと、問題をうやむやにしようとする。

 たまらず男性は、「動画を警察やマスコミに見せることもできますが」と言ってみたが、富士急側の対応は全く変わらなかったという。

「やり取りの中で、担当者の方は『もし運転手が眠気を感じたら、サービスエリアやパーキングエリアに臨時停車させ、眠気を覚ますように指導しています』と教えてくれました。それは正しい指導だと思います。ですが実際のバスは、ずっと走り続けていたわけです。ルールがあっても、それが実行できなければ意味がない。あれだけ頭が上下して臨時停車しないのなら指導に意味はない。果たして富士急行という会社は、運転手さんが緊急停車させることを本当に許す社風なのか、それとも実際は、ダイヤ遵守のブラック企業的な側面があるのか、そんなことまで考えてしまいました」

 男性は「これはもう喋っていても埒があかない」と感じ、実際、男性の疑問は全く解消されることなく電話は終わったという。

富士急行側は文書で回答

 改めてデイリー新潮が富士急行に取材を申し込むと、文書で以下のような回答があった。一問一答形式で、ほぼ全文をご紹介したい。全角数字を半角数字に改めるなど、一部をデイリー新潮の表記法にした。

Q1:運転手は、居眠り運転をしていたのか?

A1:居眠り運転をしていなかったと判断しています。

Q2:運転手を捉えるドライブレコーダーには、どんな状態が記録されていたか?

A2:当該運転手が、終始ハンドルをしっかりと握って運転しているものの、時折、頭を大きく前後に動かしたり、身体を揺すったりさすったりしている様子が記録されています。

Q3:運転手は社内調査に何と答えたのか?

A3:当該運転手からは、たしかに眠気があったものの、それを振り払おうと頭を前後に振ったりして眠気を覚ましていたのであって、居眠り運転はしていない。眠気を感じていたが自力で眠気を解消できると思い、継続して運転ができると判断したため運行管理者への報告、及び休息をとらなかったと聞いております。

Q4:運転手の性別、社員や契約社員などの雇用形態、年齢、運転歴などは?

A4:男性、37歳、運転歴5年9か月

Q5:「寝ていない」と判断した根拠は?

A5:ドライブレコーダーに記録されていた客観的事情として、バスが蛇行運転等をすることはなく、一定のスピードで車線に沿って走行し続けておりました。また、当該運転手がミラーをこまめに見る様子や、左手でギア操作を行っている様子も記録されておりました。以上の事情に加え、当該運転手が、当社のヒアリングに対し、「A3」に記載のとおり回答していることを踏まえ、居眠りはなかったと判断いたしました。

Q6:国交省への届け出が必要と考えるか、また再発防止策は?

A6:本件は、国土交通省への届け出案件には該当しておりません。再発防止策としては、

▼眠気を感じたら、運行管理者に無線を入れ、道路状況や天候の確認を行うことで会話による眠気の抑制に努める。あわせて付近にパーキングエリアもしくはバス停があればバスを停止させ、休息を取る。

▼運行管理者は、運転手からの無線等の連絡の際、運転手の体調確認を行い、バスの運転に適切でないと判断される場合は休息させるなどの指示を出す。

乗務員に対しては再度指導を行います。

Q7:会社に通報した男性に対し、担当者が「不自然な運転だが、居眠り運転ではない」と説明したのは事実か?

A7:事実です。

Q8:担当者の説明は、適切だったか?

A8:適切であったと考えています。

Q9:通報した男性は、「担当者さんは『電話する』と言いながら、電話しなかった」、「説明不足に不満がある」と感じておられます。この感想に、どのような見解をお持ちになりますか?

A9:対応した担当者からは、事情確認後の返信電話のお約束はしていないと聴取しています。もっとも、通報者さまから2度目にお電話を頂いた際に、通報者さまと当社との間に認識違いがあったことに関しては謝罪をさせていただいております。

Q10:対応した担当者の性別などは?

A10:男性、47歳

Q11:担当者は運転手が眠気を感じた際の対応策として「高速道路の場合、最寄りのサービスエリアやパーキングエリアに停車させる」ことを指導していると、通報者に説明したが、これは実際に行われていることか?

A11:行っています。

Q12:私どもの取材では、サービスエリアやパーキングエリアの停車は行われませんでした。これは適切な運転だったでしょうか?

A12:適切ではなかったと考えています。

Q13:適切ではなかったのなら、どうすべきだったのですか?

A13:まずは、無線にて運行管理者へ状況の報告、乗客への適切な説明を行い、最寄りのパーキングエリアにて休息を行うべきだったと考えます。

Q14:どうして運転手は適切ではない運転をしたのか?

A14:「Q3」で回答しましたとおり、当該運転手からは、自力で眠気を解消できると軽く判断してしまったと聴取しています。

Q15:再発防止策は?

A15:通報者さまからご指摘頂いた事項と「A6」にて回答しました再発防止策をあらためて全運転士に点呼時、掲示物等で周知させ、指導します。

Q16:動画を見た利用客は、大変な不安を感じるはずだが、利用客に向けたコメントをお願いしたい。

A16:お客様に多大な不安を与えたことに、バス事業者として誠に申し訳なく考えております。「A6」にて回答しました再発防止策を徹底して行い、ご利用頂くお客様の安心・安全の実現に努めて参ります。

 富士急行側の回答は、富士急グループで高速バスなどの運行を担当するフジエキスプレス社から文書が送付された。要約すれば「問題のある運転であり、再発防止策は徹底するが、居眠り運転ではない」という主張になるわけだ。

 はてさて、動画をご覧になった方は、富士急行の説明に納得されるだろうか。

週刊新潮WEB取材班

2019年8月29日 掲載