おととい24日(2019年8月)、きのう25日に放送された日本テレビ系「24時間テレビ42」の「24時間駅伝」で、キャスターの近藤春菜とMCの水卜麻美が走った「スッキリ」は、冒頭からこの話題で大はしゃぎだ。

司会の加藤浩次「痛そうだな、春菜」

筋肉痛で歩きづらそうな近藤は、「いままで経験したことのない(痛さ)。いろんなとこが張ってくるし、あれ? ここ(ひざ)って、ねじでできてんだっけみたいな」と顔をしかめている。

水卜麻美「毎日一緒にいて。やせたし日に焼けてるんだから...」

今年の24時間テレビで一番のサプライズは、チャリティーランナーの一人が水卜アナだったことだ。近藤といとうあさこ、よしこ(ガンバレルーヤ)の3人は発表になっていたが、4人目は番組が始まってからの発表という演出だった。しかも、総合司会との兼任だ。これは、スターターの加藤浩次にも知らされていなかった。

けさの「スッキリ」でも、加藤は不満そうだった。「びっくりしたよ。こんな毎日やってるのに、言ってくれないんだからね」

水卜「お言葉ですが、逆に、こんな毎日やってるのに、なんで気付いてくれなかったんですか。(事前トレーニングで)痩せたし、日に焼けたから、周りの人は『もしかしたらって、思っていたよ』と言ってくれてたのに」

加藤「今年の夏は暑いから、夏痩せかなと・・・」

コメンテーターの橋本五郎(読売新聞特別編集委員)も「他人事じゃないから、心配になった。タスキはつないでほしいけど、あまり無理しないでと思って見てました」と、「二人とも頑張ったね」のねぎらい一色となった。

春菜のご褒美は1万円牛かつ丼、水卜には塩味鶏白湯らーめん

実は24時間駅伝の裏テーマは「減量」だった。事前トレーニングと当日の走りで、オーバー気味の体重を減らしてヘルシーになろうというわけで、近藤は肉食を制限し、水卜は好物のラーメンを我慢してきた。

加藤「何キロ減量できましたか」

近藤「8キロ。まず顔がちっちゃくなって、周りから『痩せてきてない』って言われてました」

水卜「数字はそんな変わっていませんね。ただ、計測すると筋肉量が増えました。どんなダイエットやっても続かなかったのに、走るために、みんなに迷惑かけちゃいけないと思うと、続くもんだってわかりました」

そんな二人に「スッキリ」からご褒美があった。走り終わった後、「いま何を一番やりたいか」と聞かれて、「米を肉で巻きたい」と叫んでいた近藤には、最高級のシャトーブリアンを使った牛かつ丼。店で出されるときは1万円というごちそうだ。水卜には大きな角煮が3つ入った塩味鶏白湯らーめんだった。二人ともむさぼるように食べたのは言うまでもない。

この話題だけで1時間30分も番組を引っ張り、最後にきょう夜9時から「密着!24時間駅伝舞台ウラ」を放送するという告知。いやあ、長い番組宣伝だった。

カズキ