画像提供:マイナビニュース

写真拡大

富士通クライアントコンピューティング(以下FCCL)から、17.3インチという大型ディスプレイを内蔵したノートPC「LIFEBOOK NH」シリーズが登場した。「家族でシェアする大画面」という新しい用途を提案する同シリーズだが、その実力はいかなるものか、レポートしよう。

○現代のリビングに合った大画面ノートPC

FCCLによると、スマートフォンの普及により、リビングは「テレビ中心の団らんの場」から、「個人それぞれの時間を過ごす多機能空間」へと変貌しているという。

テレビは流しつつ、スマートフォンやタブレット、ゲーム機などで各々が勝手に時間を過ごしつつも、すぐに話しかけられる場所に人が集まっている、という状況には頷ける人も多いのではないだろうか。こうしたリビングで使われることを前提に、家族みんなで話題になったネット動画やWebページなどを見られるよう、大画面を搭載したノートPCとして開発されたのがこの「LIFEBOOK NH」シリーズだ。

NHシリーズは、これまで一般的な大画面ノートが採用する15.6インチよりもひと回り大きな17.3インチのディスプレイと、光学ドライブを搭載する、いわゆる2スピンドルタイプのオールインワンノートPCだ。バッテリー駆動時間は公称で約4.5時間だが、重量は約2.9kgと、毎日持ち歩くには少々厳しく、家の中を持ち運んで好きな場所で使えるPC、という位置付けになるだろう。ただし、コンセプトとしてはリビングが主な利用場所となる。

ラインナップはCPUにCore i7-9750Hを、ストレージに128GBのSSDと1TBのHDDを搭載した上位モデルの「NH90/D2」と、Core i3-8145Uと、512GBのSSDを搭載した下位モデルの「NH56/D2」の2モデルがある。ちなみにウェブ販売限定モデルとして、メモリやストレージを強化したほか、Windows 10 ProやTVチューナー搭載も選択できる「WN1/D2」が販売される(CPUはCore i7とi3から選択可能)。今回は上位モデルの「NH90/D2」をベースにレビューしていこう。

○完成度が高い本体、キーボードにこだわり

17.3インチというディスプレイサイズだけ見ると、かなり大きな本体を想像するが、左右7.7mmというナローベゼルを採用しているため、本体サイズは15.6インチディスプレイを搭載する「AH」シリーズと比べても、ほとんど変わらない。17インチあれば、2〜3人で画面を覗き込んでも肩を寄せ合う必要がなく、余裕を持って快適に見られる。解像度はフルHDで、最近流行りの4Kではないが、普通に使う分には問題ないだろう。スピーカーもオンキヨーと共同開発したものを搭載しており、動画やゲームなどでは高レベルなステレオサウンドを鳴らせる。

本体のデザインは、リビングで使用する際にも悪目立ちしない、落ち着いて上質な仕上がり。特にキーボード面は、アルミ素材をベースにかなり凝った作り方をしていることが製品発表会でも言及されており、確かに見た目にも美しく仕上げられている。

キーボードはフルサイズ&テンキー装備のタイプで、キーピッチは広く取られており、配置にも無理がない。キータッチも、利用頻度やホームポジション時に使う指に応じて、押下に要する重さの配分を変えるといったこだわりが見られる。キータッチは個人の好みが大きく関わってくる分野だが、個人的には好印象を持った。

本体底面は樹脂製で、内部にアクセスするためのフタや排気口、シリアル番号の記載されたシールがちょっと目立つのが残念だが、それでもかなりがんばって見栄えに気を使っていると感じさせられた。筆者は常々、薄型モバイルノートではすっきりと美しい底面仕上げになっているので、大型ノートでもそこまで気を配ってほしいと思っているのだが、NHシリーズはギリギリ及第点といったところだろうか。

外部インタフェースは、本体左側には有線LAN(1000BASE-T)、HDMI出力、HDMI入力、USB 3.0 Type Ax2、USB 3.1(Gen.2)Type-Cx1、イヤホンジャック(3.5mm)を、右側にはSDカードスロット、USB 2.0 Type A、光学ドライブを備えている。

ユニークなのがHDMI「入力」ポートを備える点。Windows起動時に限られるが、HDMI接続のディスプレイとして利用できる(これについては後述する)。また、光学ドライブはNH90/D2ではBDXL対応のブルーレイドライブを、NH56/D2ではスーパーマルチドライブを搭載している。

○処理速度は問題なし、ゲームは種類を選ぶ

今回レビューに使用した「LIFEBOOK NH90/D2」(量販モデル)は、CPUにCore i9-9750Hを搭載。2.6GHz(最大4.5GHz)で動作し、6コア・12スレッドでの処理が可能な第9世代Intel CPU(Coffee Lake Refresh)だ。メモリは標準で8GBを搭載(最大32GB)。グラフィックはCPU内蔵のIntel UHD Graphics 630を搭載している。CPU内蔵型ということもあってゲーム向きではないが、外部出力時は最大で4K出力が可能だ。

スペック的には十分強力なマシンだが、どの程度の処理能力があるのか、ベンチマークテストで試してみた。

○WinSATインデックス

まずはWindows標準の「Windows Experience Index」の数値から。内蔵GPUということもあってGPUのスコアが一番低いが、それでも8と、十分高い。次に低いディスク性能についても、試用している範囲では特に大きな不満を感じることはなく、十分な速度が出ていると感じられた。

数値は最高がD3D(Direct 3D)の「9.9」、最低がグラフィックの「8.0」。Windows 10やアプリを使用するにあたって十分快適な処理能力を持っているといっていいだろう。

○GeekBench 4.0

続いて総合的な処理能力を計測する「GeekBench 4.0」と、実アプリの処理能力を測る「CineBench R20」を実行。こちらもCPUが強力なこともあって、好成績だ。

○「ドラゴンクエストX」ベンチマーク

ゲーム系アプリについては内蔵GPUということもあって、最新ゲームでは厳しいのはわかりきっているため、ちょっと古めのタイトルだが「ドラゴンクエストX」のベンチマークを実施してみた。DirectX 9時代のゲームだが、フルHDのフル画面表示・グラフィック設定「最高品質」で「4743(普通)」、グラフィック設定「普通品質」で「7217(とても快適)」だった。このクラスのゲームなら設定次第で、本機でも十分快適に遊べるだろう(コンセプト的に、リビングでバトルロワイヤルなFPSも合わないのではと思われる)。

○ノートPCでは珍しい「HDMI入力」ポート、使い勝手は?

NHシリーズの新機能であるHDMI入力について、FCCLの方に聞いたところ「他の人がテレビを見ているときにゲーム用のモニターとして使う」といった利用法を想定しているようだ。ちょうど我が家の子供達がNintendo SwitchとDock(HDMI対応ドック)を持っているので、これをつなげさせてもらうことにした。

HDMI入力への切り替えは、ファンクションキーの上にある4つの特殊ボタンの一つから行う。特に難しい操作もなく、ボタン脇に「HDMI」の表記もあるのでわかりやすい。画面が消えてからHDMI入力に切り替わるまでは数秒かかるが、特に問題なく接続できた。その他のPCなども接続してみたが、ごく普通のHDMIポートとして認識されるので、特に問題はない。個人的には大変面白い機能だと思っているので、今後はあらゆるメーカーでノートPCでの標準機能として採用されてほしいと思う。

今回は電源のある家庭で試してみたが、NHシリーズはノートPCなので、バッテリーでも動作できる。電源内蔵のモバイルディスプレイとして考えたとき、電源サイトのないキャンプ場などでゲーム機などをつないで使うこともできそうだ。ただしNintendo Switchのように、電源をつながないと外部出力できない機器の場合は、別途モバイルバッテリーなどが必要になるが、そこさえクリアできれば外出先でも大画面を楽しむことはできそうだ(NHシリーズは、持ち歩くには少々大きくて重いのがネックだが……)。

○性能は十分。コンセプトはもっと先鋭化してよいかも

NH90/D2は優れたデザインと高い基本性能を備えた、大変完成度の高い、優秀なノートPCだ。また、冒頭に挙げた「大画面を家族で共有」というコンセプトを考えたとき、17.3インチという画面サイズはもちろん、HDMI入力も現代のリビングでは効果的だ。これまで15.6インチのフルサイズノートを購入していた人も、今後はより大きな画面を同クラスのサイズで楽しめる17.3インチ級を候補に入れてほしいと思わせるものがある。少なくともヘビーゲーマーでなければ、NH90/D2の性能で不満に思う人は少ないはずだ。

ただ、個人的には、どうせ大画面を家族で共有というならば、同じLIFEBOOKの「MH」シリーズ2in1モデルのように、「テントモード」で画面だけ見せられるようになれば、「みんなで大画面を共有」というコンセプトをより明確に体現できたと思う。また、テントモードなら接地面積も小さくできるため、リビングに置いておきたくなる度合いも高まるはずだ。

また、スマートフォンとの連携として、いっそChromecastを本体に内蔵してしまうというのはどうだろうか(iOSのAirPlayがライセンスされるなら、そちらも)。単純にスマホで見ていた動画や画面をそのままPCの大画面に表示するだけでなく、キャストするスマホごとにウィンドウ別で表示するような視聴ソフトを搭載しても面白いだろう。

逆にNHシリーズで見つけた動画や画像をスマートフォンに配信できるようなサーバー機能があってもいい。この辺りは基本性能が高く、ソフトウェアで機能を拡張できるPCが、TVなどの家電に対して持つアドバンテージなので、もっと強調して差別化していいと思う。

スマートフォンやタブレットの普及で、PCは個人向け情報ツールの主役から徐々に後退しつつあるというのが実情だ。筆者は以前から、今後、PCは個人の情報ツールであるスマホやタブレットを束ねる情報ハブとしての性格をより強化していったほうがいいと考えていたが、NHシリーズはまさにそのコンセプトを体現する第一歩となるPCだ。その先見性に敬意を評しつつ、今後のさらなる発展を期待したい。

○LIFEBOOK NH90/D2の主な仕様

OS:Windows 10 Home 64bit

CPU:Intel Core i7-9750H(2.60GHz)

メモリ:8GB(4GB×2)

ストレージ:256GB PCIe SSD+約1TB HDD

グラフィックス:Intel UHD Graphics 630(CPU内蔵)

ディスプレイ:17.3型ワイド(1,920×1,080ドット)

光学ドライブ:BDXL対応ブルーレイディスクドライブ

通信機能:IEEE802.11a / b / g / n / ac準拠の無線LAN、ギガビット準拠の有線LAN、Bluetooth 4.2

バッテリー駆動時間:約4.5時間(JEITA 2.0)

インタフェース:HDMI入力×1、HDMI出力×1、USB 3.1 Gen2 Type-C×1、USB 3.0 Type-A×2、USB 2.0 Type-A×1、SDカードスロット、イヤホンジャックなど

本体サイズ:W398×D265×H26.9mm

重さ:約2.9kg