画像提供:マイナビニュース

写真拡大

アイドルグループ・嵐の相葉雅紀が25日、グループでメインパーソナリティーを務める日本テレビ系大型特番『24時間テレビ42』(24日18:30〜25日20:54)の中で、メンバーへの手紙を披露した。

2004年の『24時間テレビ』でもメンバーに向けて手紙で「トップになりたいという夢は絶対に叶えようね。嵐でよかった」などと思いを語っていた相葉。15年ぶりとなるメンバーへの2度目の手紙を、目に涙を浮かべながら読み上げた。

相葉は「1999年にデビューして20年が経つね。一日一日を本気で、全力で生きてきたよね。悔しい思いもいっぱいして、たくさん涙を流したから、心の底からうれしいことも笑えることもたくさんあったよね」と20年間を振り返り、「僕にとってメンバーは最愛のパートナーです」と表現。「自分の中で限界だと思ったときも、みんなとだったら越えられてきて、その先にまた限界がくる。メンバーがいたから僕は成長させてもらいました。本当に本当に感謝しかないです。世界中の感謝を集めても足りないくらい感謝しています」と感謝した。

2020年いっぱいでグループとしての活動を休止すると発表している嵐。相葉は「この2年、大きな決断をするために、5人でも、各メンバー2人きりでもたくさん話し合ってきましたね。5人が納得するまで何度も何度も話し合いを重ねて出した答えが休止。僕らで出した答えに後悔しないように、残念な結果にならないように、手と手を取りあって前に進んでいこうね。僕らのやるべきことは後ろにはないし、右でも左でもないし、まっすぐ前に進んでいこうね」と語りかけた。

続けて、「僕は、“休止”と書いて“パワーアップ”と読むと思っています」と言い、「パワーアップした僕たちは、応援してくれるみんなのために、メンバー一人ひとりが愛している嵐のために、近い将来、絶対グループ活動しようね。でも、その前にまだ叶ってない夢、この5人で絶対にトップになろうね」とメッセージ。「本当に本当に嵐でよかった。相葉雅紀」と締めくくった。

サプライズの手紙に櫻井翔、大野智、二宮和也、松本潤は驚きながら、相葉の思いを受け止めていた。