浅間山 噴火で灰白色の噴煙が約600m上がる

2019/08/25 20:28 ウェザーニュース

気象庁にると、8月25日(日)19時28分頃、群馬県長野県の県境にある浅間山で噴火が発生しました。浅間山で噴火が発生したのは今月7日(水)以来です。噴煙は灰白色で、火口縁上概ね600mまであがりました。気象庁の設置した監視カメラでは、山頂付近から薄い噴煙のようなものが立ちのぼっている様子が見えます。

浅間山には、噴火警戒レベル2が発表されています。山頂火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う大きな噴石や火砕流に警戒してください。引き続き同程度の噴火が発生する可能性を考慮して、火山活動の推移を注意深くみていく必要があります。