同棲はできても結婚はできない。その理由は何なのか?

写真拡大

 結婚の「分岐点」をレポートするシリーズ。今回は、「長すぎた春」の破局の後に、結婚を決意したアラフォー男性の本音を聞く。なぜ、長く付き合った次の恋は結婚に結びつきやすいのか?

【写真】美人でも片付けできない人とは…

 * * *

◆8年同棲、でも「結婚する気はなかった」

 大手メーカーで営業マンとして働く健人(けんと)さん(38歳)。休日は仲間とフットサルで汗を流し、年1回はフルマラソンを走るスポーツマンでもある。アラフォーながらスリムな体型を維持し、爽やかな笑顔は「すごく良く言えば星野源に似ていると言われる」。プライベートでは昨年入籍し、新婚生活を楽しんでいる。

「結婚してから、今のところ何の不満もないですね。公私ともに充実してるって、こういうことを言うんだなあと、初めて実感しました(笑)。40歳くらいまでに子供ができればいいなって妻と話しているんです」

 妻は、一年ほど前に仕事先で出会った、5歳歳下の女性。ただ、出会った時、健人さんには恋人がいた。それも8年付き合っていた女性が。

「しかも同棲していたんです。30前くらいから、ずっとですね。でも、僕は結婚する気はなくて、別れないといけないんだけど、彼女に言い出せなくて、数年間はもやもやしていました。妻と出会ったことが後押しになって、ようやく別れて、そうしたら、あっという間に結婚、ということになったんです。縁ってこういうことなんですかねえ」

 健人さんが使った“縁”という言葉。もやもやしていた時期に妻と出会ったのは、“縁”という不可思議なめぐりあわせだったのかもしれない。だが、確かなこともある。元カノとは結婚する気がなかったことだ。「長すぎた春」が破局を迎えるという話は少なくない。健人さんの言い分を聞いた。

◆笑いのツボは一緒だが、一切家事をしない彼女

 28歳の時、健人さんは同い年の元カノと合コンで出会った。「すごくタイプというわけではないけれど、美人だった」と振り返る元カノには、健人さんから付き合ってほしいと告白した。当時、派遣で働いていた彼女は一人暮らしをしていたものの経済的に余裕のない生活を送っており、ほどなく、健人さんの部屋に転がり込んできた。

「僕もそんなにお金がなかったから、1DKで同棲を始めました。ただ、当時は仕事がすごく忙しくて、夜遅かったので、同棲しているといっても平日はそんなに顔を合わせなかったんです」

 二人に、趣味や仕事の共通点はほとんどなかったという。スポーツやアウトドアが好きな健人さんに対し、元カノは「日焼けをしたくない」と、あまり外に出たがらない。旅行や飲みに行くのは好きだが、普段は家でゲームをしたり漫画を読んでいるのが好きなインドア派だった。

 それなのに付き合いが8年も続いたのには、理由があるはずだ。健人さんは、「意外とラクだった」と説明する。

「美人で、一見、とっつきにくい感じの子だったので、一緒に住むと疲れるかなと思ったんですが、案外、そうでもなくて。食べ物の好みも合ったし、好きなテレビ番組や芸人が一緒で、笑いのツボが一緒だったり。ムカつく芸能人が一緒だったり。そういう心地よさがありました。あと、僕の趣味に口を出さないので、それもラクだった。男女というより、むしろ人間同士として、相性がよかったのかもしれません」

 元カノは、健人さんが夜遅くまで飲んで帰って来ても、休日、友達とキャンプに泊まりで出かけても、愚痴を言うことはなかった。一方で、健人さんが困ったこともあった。

「何もしてくれないんですよ。家のことを」

 家のこと──掃除や洗濯、料理などは、一切しなかったという。

「狭い家なので、掃除っていってもたいしたことはないし、料理だって休日くらいしか作らないんですが、家のことはほとんど僕がやっていましたね。彼女、物が捨てられないし、片付けもできないので、僕が掃除しないと、足の踏み場がなくなるんですよ。トイレとか水回りが汚れるのもキツかった。彼女は気にならないみたいだから、僕がやるのが当然、みたいになって、僕も元々一人暮らしをしていたからそれほど苦痛ではなかったけど、こいつとは結婚はできないなとは思いました」

 同棲と結婚は別、ということか。

「結婚ってやっぱり生活だと思っていたので。元カノは美人で一緒にいて楽しいけど、家庭的でもないし、かといって仕事を頑張るタイプでもなくて……別にどちらかを強く望んでいたわけではないんだけど、家庭生活を思い描けなかったんですよね」

◆告白すると、「結婚前提なら」ときっぱり言われる

 健人さんと同じ年の元カノは、結婚を迫ったりはしなかったのだろうか?

「たぶん、匂わせてはいましたね。部屋に『ゼクシィ』が置いてあったこともあったし、友達が結婚する話をよくしたり。でも、面と向かって“結婚してくれ”と言われたことはなかったんです」

 おそらく結婚願望があったであろう元カノに別れを告げたとき、少し泣かれたが、思ったほどの修羅場にはならなかったという。

「あっけないくらいに、あっさり別れてしまって。あれ? 僕のこと、そんなに好きじゃなかったの? ってショックを受けたくらい(笑)。正直戸惑ったけど、今の奥さんのことがもう好きになっていたので、勇気を振り絞って家を出て行きました」

 すぐに現在の妻に付き合ってほしいと告げると、「結婚前提なら」と、きっぱりと言われた。年齢的にもそろそろと思い始めていた健人さんは、意を決して「もちろん」と答えた。

 では現在の妻は、元カノになかった部分を持つ女性なのだろうか?

「仕事で知り合ったので、最初は家庭的かどうかわからなかったけど、気が利く子だな、と思ってました。飲み会の席で、空いてるグラスにすぐに気づいたりとか。彼女は僕の友人に会いたがって、フットサルについてきたりするから、ちょっと面倒なところはあるんだけど、人に気を使える人なので、友人にもいい彼女じゃんと言われたりして。美人ではないけどいつもニコニコしてるタイプで、奥さんにはいいかなあと」

 実際、家庭的な人でもあった。料理は上手く、お弁当を作ってくれることもあったという。そんな彼女と、付き合い初めて一年もたたないうちに、入籍した。トントン拍子に新生活に移行したのは、元カノと別れた淋しさが少しは影響していたのだろうか?

「そうですね、別れた直後はあったと思います。でも今はまったくないですね。僕、結婚して小遣い制になり、妻には家が欲しい、子供も二人は欲しいと言われているから、過去を振り返っている余裕がなくなりました。ありがたいことです(笑)」

◆もう一回くらい恋愛したい

 付き合っていたときは仲が良かったのに、結婚して一緒に暮らすようになった途端、上手くいかなくなるカップルはいる。健人さんが言うように、結婚は生活なのだろう。そういう意味では、結婚前の同棲で互いの価値観の違いが判明することは、良いことと捉えることもできる。

 しかし、長い同棲期間中に失われていくものもまた、あるようだ。友人に、自分と同じようなヤツがいると、健人さんが教えてくれた。10年以上同棲をしているものの、結婚する気はないと明言しているという。だがその理由は、健人さんとはちょっと違っていた。

「彼が同棲している彼女は、2、3年前に職場のトラブルで仕事をやめてしまって、家賃も生活費も友人が出してるんですよ。再就職が決まるまでは可哀そうだからって、同棲を続けてるんですよね。とはいえその女の子は家事は全部やってくれるらしく、言ってみればすでに専業主婦のようなもの。生活に不満はないようなので結婚しちゃえば、とも思うんだけど、もう愛がないって友人は言ってます。友人は、僕と同い年だから40歳前、もう一回くらい恋愛したいなって思ってるんでしょうね」

 長すぎた春の結末はもちろん人それぞれで、女性側の言い分もあるだろう。結局のところ大事なのは、同棲した時間がかけがえのないものであったかどうか、しかないのかもしれない。