厳選!2歳馬情報局(2019年版)
第14回:ルリエーヴル

 有力2歳馬のデビュー時期が年々早まっており、今年も数多くの良血馬、期待馬がすでに初陣を飾っている。とはいえ、これからデビューを迎える注目の逸材はまだたくさんいる。

 その1頭が、栗東トレセンの松永幹夫厩舎に所属するルリエーヴル(牝2歳/父ロードカナロア)である。


ラッキーライラックの妹、ルリエーヴル

 彼女への期待を語るうえでは、2つ上の姉の存在が欠かせない。今も現役として活躍しているラッキーライラック(牝4歳/父オルフェーヴル)である。

 ラッキーライラックは、2歳の8月にデビュー。その初戦を快勝すると、2戦目でいきなりGIIIアルテミスS(東京・芝1600m)に挑んだ。2番人気に評価されるなか、3、4番手から抜け出す大人びた競馬を見せて連勝。一気に重賞ウィナーとなったのだ。

 快進撃は、さらに続く。3戦目では、GI阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神・芝1600m)に出走。道中8番手の位置取りから、直線で力強く伸びて鮮やかな勝利を遂げた。メンバー最速の上がり33秒7という末脚を披露し、3連勝で2歳女王の座に就いた。

 そして、3歳クラシックの前哨戦、GIIチューリップ賞(阪神・芝1600m)も難なく勝利。デビューから4連勝で、クラシックの”主役”となった。

 ただ、そのクラシック本番では、牝馬三冠を遂げたアーモンドアイに主役の座を奪われてしまった。GI桜花賞(阪神・芝1600m)で2着、GIオークス(東京・芝2400m)では3着と、現在「現役最強」と呼ばれる名牝の前に涙した。

 以降、勝ち星からは遠ざかっているものの、古馬になってからも重賞戦線で奮闘。牡馬相手のGII中山記念(中山・芝1800m)では2着と好走した。

 そんな姉を持ち、母ライラックスアンドレースも現役時代にアメリカのGIを制した実力馬というルリエーヴル。その血のクオリティは極めて高い。同馬の育成を担当したノーザンファーム空港牧場の伊藤賢氏は、春の取材でこんな手応えを口にしていた。

「ルリエーヴルは、動きや体の使いっぷりにセンスがあり、こちらから注文することは何もありません。持っているものは、かなり高いと思います。気性も優秀で手がかかりません。調教と普段とで、オン・オフの切り替えもしっかりできています。頭がいいんでしょうね」

 続けて伊藤氏は、ラッキーライラックを引き合いに出して、今後の成長ぶりにも期待を膨らませていた。

「今よりもっと力がつけば、より上を目指せると思います。ラッキーライラックも、成長曲線は遅めで、(2歳の)夏を越えてグーンとよくなりました。ルリエーヴルも、それを考えるとこれからさらに進化していけるのではないでしょうか」 秋以降のデビューを目指して、現在調整を重ねているルリエーヴル。2歳女王ラッキーライラックと同様の快進撃を見せることができるのか。デビューの日が来るのが待ち遠しい。