引きこもる氷河期世代に個別訪問へ「アウトリーチ支援員」創設を検討

ざっくり言うと

  • 厚生労働省が「アウトリーチ支援員」(仮称)を創設する方向で検討に入った
  • 引きこもりなどで社会的孤立に苦しむ人を個別に訪問し、就労をサポートする
  • 「就職氷河期世代」への支援強化の一環で、3年間の時限措置とする方針だ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング