東京・港区の麻布台に、東京タワーとほぼ同じ330メートルの超高層ビルが建つことになった。この「麻布台プロジェクト」は森ビルの計画で、完成は2023年という。

麻布台は虎ノ門と六本木のちょうど中間で、小高い丘に木造の住宅が広がっている。開発面積は8.1ヘクタール、東京ドームの1.6倍と広い。ここに64階建てのメインタワーを中心に7棟のビルが建てられ、住居1400戸、オフィス、ホテル、レストランが展開する。地下鉄神谷町駅と六本木一丁目駅を結ぶ700メートルの地下通路もできる。

周辺には各国の大使館なども多く、インターナショナルスクール、多言語対応の医療機関なども計画されている。日本初進出のラグジュアリーホテルもある。

下層階は商業施設や大規模インターナショナルスクール

中山美香リポーターが現地を訪れたが、すでに開発は進んでいた。小規模の家屋などは取り払われ、昔の住宅街の面影はほとんどない。隣接する八幡神社は桜の名所として親しまれてきたところで、プロジェクトのCGでも桜がふんだんに出てきていた。新しい桜の名所になるのかもしれない。

中山「メインタワーは6階までは商業施設や大規模なインターナショナルスクールで、7〜52階がオフィス、54〜64階が住宅約90戸だそうです」

司会の加藤浩次「(330メートルは)絶対嫌です。住めないよね」

キャスターの近藤春菜「私もふわふわしちゃう」

最上階64階のお家賃は?

中山が「気になるお家賃は」と出したのは、同じ森ビルの「アークヒルズ」のケースで、16階2LDKで月額126万円。これが「六本木ヒルズ」だと、37階4LDKで322万円だという。まあ、軽く500万円は超えそうだ。いや、月1000万円か。

加藤「高いところに高い金払って住みたくない」

中山「東京の景色をひとり占めですよ」

加藤「そんなもの要らねえ。土を見ていたい」

菊地幸夫(弁護士)「東京タワーの展望台より高い。それを毎日見てるわけです」

都心や富士山はもちろん、関東も一望だろう。その日本一も、2027年には、東京駅前の常盤橋ビル(390メートル)に抜かれるのだそうだ。