久保建英、マジョルカ移籍に喜び! 即デビューの期待も口に

写真拡大

レアル・マドリーからマジョルカ入りした日本代表MF久保建英がコメントした。スペイン『マルカ』が報じた。

久保は今夏、FC東京からレアル・マドリーに加入後、トップチームの一員としてプレシーズンに帯同。新シーズンをレアル・マドリー・カスティージャ(スペイン3部)で過ごす見通しだったが、今夏の移籍市場が終盤に差し掛かると、レンタル移籍の噂が浮上した。

そして、22日に今シーズンからリーガエスパニューラ復帰のマジョルカ移籍が決定。レアル・マドリーからのシーズンローンという形で、かつて元日本代表FW大久保嘉人や、元同代表MF家長昭博が在籍したマジョルカでさらなる成長を目指すこととなった。

その久保はマジョルカの空港に到着した際、メディアのインタビューに応対。マジョルカ入りの率直な想いを明かすとともに、今週末のデビューを口にしたという。

「とても嬉しいです。監督とまだ話をしていませんが、プレーできるのがすごく楽しみです。どうなるかわかりませんが、今週の日曜日にデビューする準備はできています」

マジョルカは17日にホームで行われたリーガエスパニューラ開幕節のエイバル戦を2-1で白星。久保のデビューに期待が膨らむ25日の次節、レアル・ソシエダをホームに迎え撃つ。