知的障害者が男性を突き落とした事件 親に責任はないと地裁が判断

ざっくり言うと

  • 大分市で2014年に起きた、知的障害者が男性を突き落として死亡させた事件
  • 男性の遺族は加害者の両親に5364万円の損害賠償を求めていた
  • 大分地裁は22日、両親は監督義務を負っていなかったとして請求を棄却した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング