襲撃被害のエジルが練習に復帰! リバプール戦で今季初出場へ

写真拡大

襲撃事件の被害でチームを離れていたアーセナル所属の元ドイツ代表MFメスト・エジルが20日に練習に復帰した。イギリス『メトロ』が報じている。

7月25日、エジルはボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツとともにロンドン市内の通りを車で走っていたところ、ナイフを持った2人組の男による襲撃に遭った。コラシナツがその2人組を追い払ったことで、幸い両選手ともにケガはなかった。

それでも安全性を考慮し、アーセナルは「選手と家族の安全が常に最優先である」として、両選手のプレミアリーグ開幕戦の欠場を発表した。

第2節のバーンリー戦ではコラシナツは一足先に出場を果たしているが、エジルは体調不良のためメンバー外となっていた。

ここまでのプレミアリーグは、アーセナルとリバプールのみが2勝を挙げており、24日にアンフィールドで行われる直接対決の勝者が単独首位に躍り出る。