高橋レオ【写真:Getty Images】

写真拡大

静岡県出身の20歳、ニュージーランド人の父の影響で9歳からヨットに乗る

 世界の海を転戦しながら、東京五輪を目指す異色のセーラーがいる。セーリングの男子49er級でペアの小泉維吹と来夏の東京五輪を目指す高橋レオ(オークランド大)。今年2月に始まった双胴船で競うセーリングの国別対抗戦、セール・グランプリ(GP、全5戦)で日本チームの一員として参戦。「毎日レベルアップしているのを感じる。このチャンスを生かしていきたい」と、世界を舞台に腕を磨いている。

 静岡県出身で身長192センチと恵まれた体格を誇る20歳。プロセーラーとして伝統の国際ヨットレース「アメリカズカップ」に出場したニュージーランド人の父の影響で9歳からヨットに乗り始め、17歳で日本セーリング連盟のナショナルチーム入りを果たした。昨年9月に東京五輪会場の江の島で行われたワールドカップに49er級で出場するなど五輪代表候補に挙がっている。

「オリンピックに出るのがずっと夢だった」という高橋がセールGPに参加した一番の理由は、憧れの五輪メダリストコンビがいたからだ。日本チームでCEO兼スキッパー(艇長)を務めるのは、49er級のオーストラリア代表として2012年のロンドン五輪で金メダル、16年のリオ五輪で銀メダルを獲得したネイサン・アウタリッジ。アウタリッジとのペアで五輪メダルを獲得したイアン・ジェンセンもおり、二人は最高のお手本と言える。

「ネイサンとイアンと一緒に乗りたかった。49er級と並んでセーラーとしてレベルアップしたいと思った」と目を輝かせる。レース前の練習では船を操縦する機会も与えられ、刺激溢れる日々を送っている。

世界トップクラスの実力者も高橋の姿勢を高く評価

 高橋は「毎日ネイサンとイアンから多くのことを学んでいる。五輪の船とは違うが、スピードは近いし、考え方も同じ。レースを通して習うことがいっぱいある。操縦だけでなく、データの活用方法も教えてもらっている」。ノートをつけながら熱心にアドバイスに耳を傾ける。

 セールGPで使用されるレース艇は全長15メートルのF50カタマラン。水中翼を採用しており、浮力で艇体が空中に浮くため「空飛ぶヨット」とも言われる。最速約100キロにも及ぶ高速艇で、2人乗りの49er級とはサイズも性能も異なる。セーリングでは自分のクラスに絞ってトレーニングを積む選手が多い中、船の形の違うレースに参戦することに意味はあるのかー。異例とも言える試みに対し、セールGPで日本チームの最高執行責任者(COO)を務める早福和彦氏は多くの利点があると見ている。

「どうすれば船を走らせることができるのか、加速できるのかを追求して試行錯誤することに非常に意味があると思います。セーリングの感覚の幅を広げるため、場数を踏むことが重要。スピードが速く、危険度もはるかに大きい高速艇レースで世界のトップと戦うことで引き出しが増え、精神面も鍛えられる」

 世界トップクラスの実力者としてアメリカズカップ出場経験のあるアウタリッジも、若き日本人セーラーのどん欲な姿勢を高く評価している。「自分が話したことを全てメモに取っているし、よくやっている。ハングリーに学ぼうとする姿勢があるのは素晴らしい。彼の年齢でこういう大きな経験を積むことはプラスになることは間違いない」。国境を越えた師弟関係はセールGPの産物と言える。高橋の活躍次第で、GPに出ながら五輪を目指す選手が増えるかもしれない。

「最終的にはアメリカズカップに出て勝ちたい」

 今年から始まったGPには米国、英国、フランス、オーストラリア、中国、日本の6チームが参加。来年には1チーム増える予定で、5年という期間を目処にファンベースの拡大を目指し、ユース大会の開催も視野に入れる。参加国には五輪を目指しながら平行してセールGPに参加する選手もおり、早福氏はこの大会が日本人セーラーを育てる土壌になることを期待している。「高橋はオリンピックと平行してGPで腕を磨いている。これは将来的に理想的な形になるのではないかと思う。彼を手本にして、ゆくゆくはオリンピックを目指してこの大会に参加する選手が増えて欲しい」と話す。

 また、セールGPで使用される艇はワンデザインで統一されているため、純粋にセーラーやエンジニアの操船技術の競い合いとなるのも魅力の一つだ。現在の日本チームは外国選手と日本選手の混成だが、ルール上は将来的に日本選手だけで構成する必要があり、そのためにはスキッパー育成が急務となる。

 高橋はこれを大きなチャンスと見ており、「今一番の目標はオリンピックに出ることだけど、将来的にはセールGPのスキッパーをやりたい。そして最終的にアメリカズカップに出て勝ちたい。日本チームの一員として、いつかヨーロッパの強豪チームに勝って一番になるのが目標」と力を込める。世界で戦う中で培われた自信と向上心を支えに、水平線の先にある壮大な夢に向かって舵をとる。(岡田 弘太郎/Kotaro Okada)