実はよく知らない!?正しいシャンプーの仕方

写真拡大

シャンプーは手で泡立てるべき?頭皮に乗せて泡立てるべき?

シャンプーと頭皮ケアについて

毎日のシャンプーは、清潔な髪を保ち頭皮を守る上で、欠かすことのできないケアです。

頭皮や髪の毛は、生活環境や紫外線などにより様々な影響を受けています。

ダメージを受けた頭皮や髪の毛をそのままにしておくと、雑菌が繁殖しやすくなります。

頭皮の炎症を引き起こしたり、ニオイにも影響してくるのです。

頭皮環境の悪化は、抜け毛や薄毛にもつながります。

そのため、頭皮のトラブルを予防するためにも、毎日のシャンプーは大事です。

ただし、間違ったシャンプーの方法をしていると、逆に頭皮を傷つけてしまう場合があるので、注意が必要です。

そこで今回は、シャンプーの泡の立て方について考えていきたいと思います。

シャンプーは手で泡立てるべきか、頭皮に乗せて泡立てるべきか

シャンプーの成分に気を付ける方は多いと思いますが、洗い方によっても頭皮や髪への効果は大きく変わってきます。

みなさんはシャンプーをする時、どのように泡立てますか?

頭皮につける前に、手でしっかり泡立てる方もいれば、シャンプーの液を頭皮につけてから泡立てる方もいると思います。

普段何気なく行っている泡立てですが、実はシャンプーする時の泡立て方は頭皮にとって非常に重要になります。

頭皮というのは、身体の中でも特に敏感な場所です。

頭皮に直接シャンプーをつけることは、刺激が強く肌にとってあまり良くありません。

また、直接頭皮につけることでムラになりやすく、頭皮全体に成分が行き渡らないという点もあります。

シャンプーの効果を十分に得るには、手のひらでしっかり泡立ててから、頭皮につけることがポイントになります。

シャンプーをしっかり泡立てるコツ

シャンプーの種類によっては、泡立ちにくいものもあります。

また、髪質や頭皮の汚れも、泡立ちの悪さに関係してきます。

泡立ちを良くするためには、シャンプー剤を手のひらで泡立てる際に、少量の水分を加えながら泡立てると良いでしょう。

また、髪や頭皮の汚れが多い時は、2度洗いすることで泡立ちが良くなり、シャンプーの成分が頭皮に届きやすくなるので効果的です。

正しいシャンプーをして、美髪を手に入れましょう。

また、みなさんは髪のどの部分から洗い始めていますか?頭皮の脂は、頭皮に均一的に分泌されているわけではなく、部分によって量は変わります。

これを理解した上で、正しいシャンプーの仕方を学びましょう。

シャンプーは皮脂の多い生え際から洗おう!

皮脂が多いのは実は生え際なんです!

健康な頭皮や髪の毛にとって「皮脂」とは大切な存在であり、やっかいな存在でもあるのです。

皮脂のバランスが正常であれば外的刺激などから頭皮や髪をガードしますが、多すぎると抜け毛や薄毛、頭皮炎症の原因になってしまうのです。

なぜ「生え際」に皮脂が多いのか?

頭皮の皮脂は髪の毛の根っこの部分である「毛乳頭」の皮脂腺から分泌されています。

ですので、髪の生え際は他の部分よりも皮脂が多くなりがちです。

健康な状態であればベタつかない適切な量の皮脂が分泌されますが、ストレスや栄養不足で頭皮の環境が悪くなると皮脂の量が増えてしまうので注意が必要なんです。

皮脂が多い事をチェックする方法

皮脂が多いと頭皮や髪がベタつくだけではないのです。

生え際の皮脂が多い状態は目で見て分かるものではありませんので、以下の事もチェックしておく必要があります。

‘皮が臭う
▲侫韻湿っぽい又はフケが多い
F皮の酷い痒み

頭皮がベタつく感覚がよく分からないという方はフケや臭いにも注目してみてください。

生え際の正しいシャンプーの方法

皮脂が多く、頭皮トラブルになりやすい「生え際」は正しい方法で、しっかりとシャンプーするようにしましょう。

皮脂を落とそうとゴシゴシ力強く洗ったり、何回も洗髪するのはNG。

洗った直後はスッキリしますし、皮脂も落ちているように思えますが、実は必要な皮脂まで落としてしまっており、皮脂を補おうと皮脂腺から多くの皮脂が分泌されるので逆効果となります。

「しっかり洗っているのにベタつく」という方はシャンプーのし過ぎが原因かもしれません。

生え際の皮脂をキレイに落とす方法

生え際の皮脂をキレイに落とすにはまず「シャンプー選び」から始めます。

洗浄力の強いシャンプーは市販でも数多く販売されており、お手頃価格なので使用している方も多いでしょう。洗い上がりもサッパリしますしね。

ですが洗浄力の強いシャンプーは必要な皮脂まで洗い落としてしまうので、ここは適度な洗浄力の低刺激シャンプーを選ぶようにしましょう。

代表的な低刺激シャンプーといえば「アミノ酸シャンプー」。

頭皮に優しいのでデリケートな方も安心して使用できます。
後は優しく指の腹で揉み込むようにシャンプーする事を心がけましょう。

そのまま頭皮マッサージするのも「余分な皮脂」をしっかり落とすポイントとなります。

シャンプーの回数はなるべく1回にしてください。

皮脂の多い生え際は、正しいシャンプー方法で洗浄し、トラブルの無い健康な頭皮を目指しましょう。

最後に、泡立てたシャンプーは、水・ぬるま湯・お湯のどれで流していますか?どれで洗っても変わらないと考えていた人ともいるかもしれませんが、実は頭皮への効果がそれぞれ違うのです!

水洗い、ぬるま湯洗い、お湯洗い、地肌に優しいのはどれ?

髪を洗う際、水やお湯の温度まで意識しているという方は少ないのではないでしょうか。

ぞれぞれ好みはあるかと思いますが、その洗い方、地肌への影響を考えたことはありますか。

今回は水洗い、ぬるま湯洗い、熱めのお湯洗いのどれが最も地肌に優しいのかご紹介します。

水洗い、ぬるま湯洗い、熱めのお湯洗い・・・地肌に優しいのは?

「スッキリする気がする」そんなイメージで、熱めのお湯で髪を洗う人もいるのではないでしょうか。

汚れを落とすためには、確かにお湯で洗うのが効果的です。しかし、熱めのお湯洗いをするとかえって髪や頭皮の乾燥を招き、地肌トラブルを引き起こすこともあるのです。

反対に暑い時期などは水洗いがさっぱりしそうですが、水洗いだと毛穴が引き締まってしまうので汚れが浮いてこず、臭いやベタつきの原因になりかねません。

汚れは落としつつ地肌への刺激を最小限に抑えるには、ぬるま湯で洗うのが一番です。

水洗い、ぬるま湯洗い、熱めのお湯洗いの使い分けについて

地肌のことを考えたとき、髪を洗うのはぬるま湯洗いが一番ですが、温度を使い分けることが効果的になることもあります。

例えばぬるま湯で洗っても頭皮がベタベタして気持ち悪いときは、多少お湯の温度を上げて洗うことで頭皮もスッキリします。

ただ、温度を極端に高くしたりゴシゴシ洗いすぎると、本来必要な油分をも流してしまう可能性があるので注意が必要です。

カラーをしている人は、色の退色も早めてしまいます。

対して水洗いをするのはどういった場合でしょうか。

頭皮や毛穴の汚れを浮かすため、基本的にはお湯で髪を洗うのが前提です。

その際、しっかりシャンプーを泡立ててから髪に乗せ、頭皮からマッサージするように髪を洗いましょう。

最後、髪を洗った仕上げに水で流すようにすると、汚れが落ちた頭皮と毛穴を引き締めてくれ、より頭皮をスッキリさせることができます。

きれいで健康な髪をつくるためにも、地肌にも優しいシャンプーを心掛けていきましょう!