「自分の力で」89キロ減量、肥満手術を拒否した男性の経験

写真拡大

イングランド中部ウォリックシャー州ナニートン出身のジェイソン・アンダーソンさんは、数年前までは「死にかける」ほど体調が思わしくなかったという。

3人の子を持つアンダーソンさんは、高血圧と糖尿病、そして重度の睡眠時無呼吸症候群を患っていた。

打つ手がないと判断した主治医は、肥満治療専門のクリニックへ転院させた。

早急に肥満手術を受けるよう勧められたものの、アンダーソンさんは自分の力で痩せると決意した。