明石家さんま

写真拡大

 20日放送のトークバラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)での明石家さんまのある発言が、物議を醸している。

 この日のゲストは「コンプレックスのある有名人」で、現在ブレイクしているものまねタレントのりんごちゃんも出演した。その中で、洋服店の店員の対応について話が及ぶと、MCの明石家さんまが「りんごちゃんなんかは男やろ? でも女物か、着てるのか」と性別を公開していないりんごちゃんに、話を振る一幕が。突然の性別の決めつけに、りんごちゃんは一瞬戸惑ったような表情を浮かべていたものの、ゲストのヒロミが「りんごちゃんはね、そういうのないの。りんごちゃんはりんごちゃんで、男とか女じゃないの」とフォローしていた。

 しかし、これにさんまが「おっさんやないか、アホ!」と強烈にツッコミ。さんまの発言に周囲は困惑し、おかずクラブのオカリナは「なんてこと言うんですか? めちゃくちゃ叩かれますよ、そんなこと言ったら」などと注意していたものの、さんまは「吉幾三のものまねするおっちゃんやろ?」「『りんごちゃん』って呼ばなあかんこっちの気持ちにもなれ。おかしいやろ」と発言していた。

 当のりんごちゃんは「人それぞれの捉え方で全然いいんです」と話していたが、このさんまの発言にネットからは、「いくらなんでも時代錯誤過ぎる…」「さんま好きだけど、たまに頭の固い老害感出すのどうにかしてほしい」「おっさん連呼過ぎて気分悪くなった。もう時代が違うんだよ」といった声が集まっていた。

 「一方、さんまに対して異を唱えたヒロミやオカリナには、称賛の声が集まっています。特にヒロミは50代と、若者世代よりもさんまと年齢が近いにも関わらず、りんごちゃんのジェンダーについて正確に把握し、説明していたこともあり、ネットからは『私の中でヒロミの株が爆上がりした』『ヒロミさんがめっちゃ優しくフォローしててさすがって思った』など称賛の声が相次いでいます」(芸能ライター)

 今や性別で人を当てはめる時代ではなくなってきたこともあり、あまりに時代遅れなさんまの発言に、違和感を覚えた視聴者が多かったようだ。