泥棒一家「Lの一族」の娘・三雲華(深田恭子)と警察一家に育った警視庁刑事・桜庭和馬(瀬戸康史)の交際も、いよいよ「婚約」という山場を迎えることに。

和馬は華が「Lの一族」と知った上で正式にプロポーズし、華も受け入れる。華が父親・尊(渡部篤郎)や母親・悦子(小沢真珠)に婚約を報告すると、桜庭家が警察一家だと知らない尊は「盗みのイロハも俺がイチから教えてやる」と大張り切りだ。

結婚の条件だった捜査一課への配属が決まった和馬も父親・典和(信太昌之)や母親・美佐子(マルシア)らに、華にプロポーズしたと報告した。しかし、尊や美佐子が喜んだのは捜査一課への異動だった。

「ありのままの私を見てほしい」と願う華は、和馬を本当の住まいであるタワーマンションに案内する。豪華な盗品の数々に和馬が目を見張っていると、そこに尊と悦子が帰宅した。

泥棒一家と警察一家、両家それぞれ犯人探しに乗り出す

華の祖母・マツ(どんぐり)の協力で難を逃れた和馬が帰宅すると、典和が結納をすると言う。そして、両家とも桜庭家が代々結納を行ってきた古びた温泉旅館に、泊りがけで出かけることとなった。

尊は和馬をいたく気に入り、一緒に温泉に浸かりながら「『Lの一族』を頼んだぞ!」と言い出す始末だ。

お互いの両親に相手の家の職業がバレないように気を揉む華は、偶然にも旅館の若女将・樹里(真魚)が何者かに電話で脅されている場面を目撃する。

不穏な空気が漂う中、両家の持ち物が次々となくなっていき、仲居は「泊まれば必ず盗まれる旅館と言われている」と自嘲する。どうやら、若女将が脅されていることと関係がありそうだ。

そして、ついに美佐子が「財布は頂いた Lの一族」と書かれたカードを見つける。一連の盗難は「Lの一族」を騙るニセモノによる犯行だったのだ。

桜庭家の面々は早速、捜査会議を開き、窃盗事件の捜査を開始。一方、名前を騙られた三雲家の面々もニセモノ退治に乗り出す。結納というオメデタムードは完全に吹き飛んでしまった。(2017年8月22日夜10時放送)

寒山