2018年に日本の在留資格を取り消されたのは832人 過去最多を更新

ざっくり言うと

  • 入管庁は21日、日本の在留資格を取り消された外国人について発表した
  • 2018年に取り消されたのは前年の2倍超となる832人で、過去最多を更新
  • 取り消された在留資格別の内訳は、「留学」が412人で最多となった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング