@AUTOCAR

写真拡大

アップルカープレイにも対応

ポルシェは、初のフル電動スポーツカー「ポルシェ・タイカン」にApple Music(アップル・ミュージック)を搭載すると発表した。

また、Apple CarPlay(アップルカープレイ)にも対応しているという。

「9月に市販モデルが発表されるポルシェ・タイカン」

これによってアップル・ミュージックのサブスクリプション登録者は、ポルシェアドバンスドコクピットのタッチスクリーン・ディスプレイを操作することにより、

・5000万以上の楽曲(広告なし)
・キュレーションされたプレイリスト
・Beats 1のライブストリーミング

を車内インターネット経由で楽しむことができる。

これはアップル・ミュージックと車両が完全に統合された初めての事例だという。具体的には、アップル・ミュージックにより次の機能が提供される。

・ポルシェボイスアシスタント:
ポルシェのカスタムボイスコントロールにより、アップル・ミュージックで楽曲やアルバム、プレイリストやラジオステーションをリクエスト。

・ラジオで聴いた曲をアップル・ミュージックで:
ラジオで聴いた楽曲を元にアップル・ミュージックで自分のカスタムステーションを作成。

・エクスクルーシブ・プレイリスト:
ポルシェが厳選したアップル・ミュージック限定のプレイリストを提供。

・車内ストリーミングデータ:
外部アンテナとローミングパッケージによる3年間無料の車内インターネットデータ。

・6カ月間無料:
新規および既存のポルシェ・オーナーは、最大6カ月間アップル・ミュージックを広告なしで利用可能。

ブルメスターのサラウンド・システムも

音楽ファンであれば、ブルメスターのハイエンド・サラウンド・サウンド・システムとApple Digital Mastersによるスタジオ品質のサウンドで、これまでにはなかったようなリスニング体験をタイカンで楽しめることも発表された

また、前述のようにアップルカープレイにも対応しているため、ドライバーはiPhoneを簡単に接続して、タイカンのタッチスクリーンをタップしたり、Siriの音声コントロールで行うことで、運転中に経路を確認したり、通話、メッセージの送受信をすることができる。

「9月に市販モデルが発表されるポルシェ・タイカン」

独ポルシェのデトレフ・フォン・プラテン・セールス&マーケティング担当取締役は、「ポルシェとアップル・ミュージックは完璧に調和します。価値観のみならず、ユーザーエクスペリエンス、品質エンジニアリング、デザイン、さらには革新に対する厳格な態度も共有しているからです。ハイパフォーマンススポーツカーへの革新的なデジタルエンターテイメントテクノロジーの搭載は、ポルシェ初のフル電動スポーツカーであるタイカンから始まります」と述べている。

また、アップル・ミュージックおよびインターナショナルコンテンツ担当バイスプレジデントのオリバー・シュッサーは、「運転しながら音楽を聴いていると、感動的な気持ちになることがあります。アップル・ミュージックが始まって以来、わたし達はクルマの中で考えられる最高の音楽体験をお客様に提供できるよう努力してきました。一方、ポルシェはこの分野の最先端であり続けてきました。ポルシェは最高水準のスポーツカーを作っていますが、間もなくデビューを果たすタイカンのオーナーはシームレスに組み込まれたアップル・ミュージックを選んで、どんなドライブにもぴったりなサウンドトラックを見つけることができます」と説明している。