長続きカップルはこうしてる!彼氏が感謝して「喜ぶ尽くし方」4つ

写真拡大

「尽くす」と「しつこい」って実は紙一重です。彼がどれくらいの「尽くす」を求めているかをまずは考えてみましょう。男性が喜ぶ尽くし方を伝授しますので、彼氏がいるあなたも彼氏がいないあなたも必読です!

(1)彼の好きなものを作ってあげる

『俺の大好物を美味しく作ってくれる彼女ほんとに愛おしい!』(30歳/人事)もしどちらか、もしくはどちらもが一人暮らしで家で食事を作る場面があったら、彼の好きなもの作ってあげましょう。自分の好きなものを覚えてくれていたという嬉しさと、自分のために手料理をふるまってくれたという嬉しさで、彼氏は胸がいっぱいになっちゃいます。もしお互い実家でそういう場面に出くわさないのであれば、外食時に実践することもできます。自分の頼んだものに彼の好きなものがあったら「これ○○くん好きだったよね♡」と言って彼におすそわけしてあげましょう。

(2)彼の応援団長になる

『愚痴を聞いてくれたり、背中を押してくれたりしてくれたら癒されるなぁ』(27歳/企画)彼はきっと仕事を頑張っているはず。そんな彼を一番に応援してあげられる応援団長になりましょう。男性にとって仕事は特に自分の将来に直結する大切なことです。もし結婚となるとしたらあなたにも影響が出てきます。素敵な未来をゲットするためにも、彼の背中を押してあげて、時に癒してあげられるような理解者の立場でいてあげましょう。

(3)彼を責めない

『すぐに責められたら嫌になっちゃうよ……』(28歳/サービス)生きていれば間違ってしまうこともあるし、それが仕方のないことだってあります。見逃すことも尽くすうちということを念頭に置いておきましょう。彼にどうしても許せないことをされた時は、責める前にいったん立ち止まって。どうしてそうなってしまったのかを彼の目線で考えてみると良いでしょう。

(4)自分の意見を押し付けない

『お互いが譲り合ったりしていくうちに、だんだんと同じ周波数になる気がするな』(32歳/不動産)長続きするカップルに見られる一番の大きな特徴は、お互いを尊重し尊敬できる関係が作れているということです。自分のエゴばかりを押し付けないのも「尽くす」としてカウントされます。寄り添えるところは寄り添い合って、分かりあえない時は話し合う。それでもだめなら受け入れてあげましょう。「尽くす」って実はかいがいしくお世話をすることとは違うんです。彼の一番の理解者でいてあげられることが、最大限の「尽くす」ことなんです。彼がそれに気づいた時に、あなたのことを今よりもっと深く愛してくれるようになるでしょう。彼から感謝される女性になって、長続きカップルを目指しましょう!(恋愛jp編集部)