猛暑の中、街中に立ってビラを配る女性の姿があった。ある日突然、最愛の息子をひき逃げ事故で失った母親は、間もなく迎える時効を前に、息子の無念を晴らすべく情報提供を呼び掛けていた。「時効まであとわずか!!」と書かれたビラには、その時がおよそ1か月後の9月30日午前0時に迫っていることが記されていた。

 埼玉県熊谷市でひき逃げ死亡事故が起こったのは2009年9月30日午後7時ごろ。当時10歳だった小関孝徳くんは、書道教室から自宅への帰宅途中、自転車に乗っているところを車にはねられて死亡した。無事に帰るはずだった自宅にある孝徳くんの遺影のそばには、今もサッカーボールが置かれている。事故を起こした車両はそのまま逃走しており、手がかりは見つかっていない。

 母の代里子さんは夫を病気で亡くし、孝徳くんと二人暮らしだった。孝徳くんはサッカーチームに所属し、優しく気遣いのできる自慢の息子だったという。そんな孝徳くんを奪ったひき逃げ犯を追いかける日々を振り返って代里子さんは「10年間の人生を一言では語れない」と言葉を絞り出すと「やはり『真実を知りたい』というその一言で活動していました」と語った。さまざまな情報があふれる現在の日本で、なぜ10年の月日を要して真実にたどり着くことができないのか。代里子さんは今年1月、情報提供を求めるブログを自ら開設した。そこに記されたまだ見ぬ犯人へのメッセージには、「真実が知りたい」という母の思いが綴られている。

「犯人へ

事故が起きた時
孝徳は生きていましたか
痛がっていませんでしたか
泣いていませんでしたか
助けを求めていませんでしたか
その時孝徳の状況を教えてもらえないでしょうか
お願いします」

 ブログを見て栃木県からチラシ配りに参加したという男性は「時効が迫っている。何かお手伝いしたい。私にも子どもがおり、サッカーをやっている。こんなのは許せない。正々堂々と生きて欲しいと思う」とひき逃げ犯に対する憤りを隠せない様子だった。

 市井からも助けの手が差し伸べられる中、果たして警察の捜査は適正に行われていたのだろうか。代里子さんによると、事件の証拠品として保管していた孝徳くんの腕時計を警察が紛失。さらに捜査関係者によると、元警部補がその紛失に気づいていたにも関わらず、腕時計の記載がない新たなリストを作成し、遺族に渡していたことも分かっている。この腕時計は、孝徳くんの10歳の誕生日を祝って、代里子さんがプレゼントした思い出の品だった。

 警察への不信感、そして自らによる活動への限界。さらに迫りくる時効――。今年4月には証拠品を警察から返却してもらい、元宮城県警で交通捜査に携わった日本交通事故調査機構の佐々木尋貴氏に調査を依頼。事故を再検証した結果、新たな事実も浮上してきている。

 警察はこれまで「1台の車に頭部をひかれた」と説明していたが、佐々木氏によると「孝徳くんが倒れていた場所から約8メートル離れた斜め方向の対向車線側に自転車が転倒していた。つまり人と自転車をはね飛ばすような力を加えたものがある。頭を引いた車の他に、孝徳くんが転倒する原因を作った車がいたのでは」という分析だ。つまり、1回の事故で2度ひき逃げされた可能性が浮上したのだ。この結果を警察に提出したところ、警察からは「可能性の一つとして参考にしつつ捜査している」という回答のみが得られた。

 新たな可能性を導き出した佐々木氏は「生活道路なので全然(熊谷市に)関係のない人が出入りしている道路ではない。熊谷市に仕事場なり自宅がある人たちの犯人像は浮かび上がってくる」と話しており、孝徳くんの自転車に残された黒い付着物の鑑定を進めるなど、事件解決を諦める様子は微塵もない。また、時効まで51日と迫った8月11日には、孝徳くんの同級生たちも街に出てチラシ配りを行った。母・代里子さんは「10歳の命ではあったが、息子が無くなっていったことは知るべきだし、自分の子どもなので、それは果たしたい」と決意を新たにすると同時に「殺人罪も時効が撤廃されていて、同じ亡くなっていく姿と、そして(交通事故現場から)逃げて行っていること自体に殺人と同罪と思っています」と悔しさを滲ませた。

 元衆議院議員の金子恵美氏は「遺影の写真を見てしまうと、自分の子どもがそういう姿になるということは考えられない。孝徳くんのお母様もそうだし、池袋暴走事故の被害者であるお父さんが記者会見で『当たり前の日常が突然奪われる』と仰っていたが、このお母さまたちは、真実を知りたい、何かしらの証拠を得たいという思いを原動力に頑張っている。しかし、悲しみは何時になっても癒えない」と声を詰まらせた。さらに金子氏は「殺人罪の時効は撤廃された。ひき逃げも等しく殺人だと思うのに時効がある。残された時間は短いが、今制度はそうなっているが、今後、この制度を見直す余地はあると思っている」と続けた。
 

 「一体、誰のための時効なのか」と千原ジュニアが応じると、取材に当たった居垣寿典ディレクターは「ご自宅の部屋の中には、家族の写真がたくさんあった。その写真を見ると、時間が止まってしまっているように感じられた」と感想を述べた。代里子さんが孝徳くんに送った時計は既に時を刻んでいないが、9月30日午前0時の時効までのリミットは刻一刻と近づいてきている。

 この「埼玉・熊谷ひき逃げ事件」に関する情報提供は、電話「048-526-0110(埼玉県警熊谷警察署)」で受け付けている。(AbemaTV『Abema的ニュースショー』より)

(C)AbemaTV