元文科省キャリア官僚に猶予判決 省内で覚醒剤所持の罪

ざっくり言うと

  • 文科省内で覚醒剤を所持したとして、罪に問われた同省の44歳元キャリア官僚
  • 東京地裁は19日、懲役2年、執行猶予4年の判決を言い渡した
  • 判決理由で裁判官は、社会的反響を自覚し、反省の気持ちを表しているとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング