吉野家の「すきやき重」は860円

写真拡大

 国民食と言われて久しい牛丼だが、“進化”は続いている。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が指摘する。

【写真】一杯5464円の「キャピトル牛丼」

 * * *
 今年の夏は、牛丼にとって実にプレミアムな夏だ。しかもその先陣を切ったのは、意外なことに牛丼チェーンではなかった。日本の誇る老舗ホテル「ザ・キャピトルホテル東急」のレストラン「ORIGAMI」が「キャピトル牛丼」なるメニューを6月16日から売り出したのだ。

 自ホテルの名前を冠しただけあって、ホテル側の気合いがメニューの端々から見て取れる。まずお値段が5464円(税金・サービス料込み)と実に気合いが入っている。牛丼としては驚くほど高額で、実はメニュー開発には約1年半という期間を費やしたという。肉は黒毛和牛のリブロースを合計150g。丼のアタマ”には和牛、それに都度調理する兵庫産の玉ねぎも加えられている。めしの量は180g。ほぼアタマと同量で、食事によし、つまみによしという、たいへんな大型ルーキーの登場である。

 そこで黙っていなかったのが、創業120周年の「吉野家」である。ホテル業界に“聖域”を侵食されては、牛丼業界の雄の名折れとばかりに8月14日に「サーロイン」を使った「すきやき重」を発売。吉野家伝統の煮ダレで軽く煮たサーロインが120g、お重に盛られためしの上に鎮座して860円。発売初日には10時から販売が開始され、各店舗で売り切れが続出。15日からは「11時からその日の食材がなくなるまで販売」する方式にシフトした。

 ちなみに吉野家の不動の人気メニュー「牛丼」の並盛りは、”アタマ”が肉の量の約80gと玉ねぎを合わせて約90g、ごはんはおよそ250gで価格は380円。やはり圧倒的に破格である。

◆肉原価率を比較する

 さて3種類の“牛丼”を肉ベースで比較したとき、一番オトク度が高いのはどれか。一般でも入手できる業務用通販サイトの価格を参考に比較しつつ、インプレッションを残しておきたい。

・吉野家「牛丼並盛り」

 US産穀物肥育の業務用ショートプレート(バラ肉)がざっくり950円/kg。「並盛」のアタマに使われている肉は80gと言われている。つまりアタマにかかる牛肉の原価は76円相当で、牛丼並盛りの値段は380円。肉原価率は20%。米国産穀物牛のバラ肉の濃厚な味わいを活かすレシピは、長年積み上げられた安定の味わい。みそ汁、卵、漬物などは別注文となる。

・吉野家「すきやき重」

 US牛の業務用の価格を見てみると、リーズナブルなサーロインでだいたい2000円/kg程度。120gが使用されているので、肉の原価は240円。吉野家のすきやき重は860円なので想定肉原価率は28%となる。サーロインはロース芯の部分にはそれほどサシが入っておらず、通常の牛丼に比べると煮込み時間も短め。その分、ごはんに甘辛いタレがかかっている。イートインで生卵にエッグセパレーターがつくのは、卵黄のみの使用を推奨か。残った白身の使い方もご提案いただけるとありがたい。みそ汁、漬物つき。

・ザ・キャピトルホテル東急「キャピトル牛丼」

 和牛の原価は外国産の牛とはケタ違い。ものによって価格の幅が非常に大きいが、リブロースはもっとも高い部位のひとつ。仮に7000円/kgと設定すると、150gを使うキャピトル牛丼は、牛肉の食材原価だけで1050円。丼内における肉原価率は19%となる。ただし高額なだけあって、丼内の味のバランスや満足度は非常に高い。温度卵も実に精妙な加熱で肉に絡み、少々上品に盛られたごはん(180g)との相性もいい。また脇のカップ柚子を香らせたコンソメスープが絶品。単品でメニュー化したら、1000円以上取られてもおかしくないほど素晴らしい出来。またいつの日かお目にかかりたい。

 いつもの安定感ある牛丼、限定50万食で午後には売り切れも散見されるすきやき重、清水の舞台から飛び降りるつもりで注文すれば話のタネ満載のホテル牛丼──。目の前の一食に何を選ぶかはいつも非常に悩ましい。