血液型別!O型人間の性格「裏表」

写真拡大

あなたはに、どんなイメージを持っていますか。
はおおらかで、聞き上手――。
でも、実はB型以上に頑固、なんて言われ方もします。
本当のところはどうなのでしょうか。
今回は、人間の裏表について迫ってみました。

本音を見せない


よくはおおらかで、聞き上手だといいます。
相手の話を「うんうん」と聞いてくれ、同調してくれることで、人当たりのいい印象を抱く人も多いでしょう。
しかし心のなかでは、意外と自分の意見が決まっていることが多いようです。
これが、がB型以上に頑固、といわれる所以です。B型のように、自分の意見を相手に押し付けるような強引さはありません。
ただ、自分の本音をなかなか見せようとしないのが、の特徴です。意識して見せている場合もあれば、意識せず自然とそうしている場合もあります。
たとえば仕事の話をしていて、「〇〇さんっていつもああだよね」と、周りが話していたとします。もそれに同調しますが、最後の最後に「でも、俺はああいうタイプ嫌いじゃない」と言って、周りを驚かせることは珍しくありません。
周りに話を合わせつつ、話をはぐらかしたりつつ、本音では自分の意見が決まっていることが多いのです。

物事を客観視する冷静さ


は、おおらかそうに見えて、意外と心のなかでは冷静です。
これは仕事、恋愛に対しても同様です。たとえば仕事で注意するときも、感情的にカッと怒ることはしません。周りの様子を伺って、怒っても大丈夫か、冷静に判断をしたうえで怒ります。それだけ物事を客観視し、自分自身も冷静に見ることができるのです。
そのため、がおおらかそうなイメージは、合っているようで実は間違っているかもしれません。
なぜなら実は短気な人も多く、感情を前にするよりも、理性を働かせて自分をコントロールしているだけに過ぎないからです。
こうした冷静さは、彼らの情報収集力から来ています。いま、自分が置かれている状況を冷静に判断するには、彼らにとって情報が命。仕事でも恋愛でも、気になったことは相手に聞き、聞き上手である性質を生かして、情報を集めているのです。
ただ、本人たちがそこまで計算してやっているかといえば、答えはノーです。計算しているというよりも、どうすれば物事をいいように運べるかを、感覚的にやっているだけに過ぎません。

O型はリアリスト


このようにはリアリストですが、仕事に限らず、恋人との関係の築き方もとても上手です。
好きな人のために、彼女が気に入るレストランの予約を入れたり、相手が好きな言葉をささやいて、男性をドキッとさせたりするなど。
ロマンチストというよりも、リアリストからくる演出のうまさが、恋人関係を良好にさせています。

おわりに


いかがでしたか。表に出ているのイメージとは、また違った裏の顔もあったでしょうか。
気になる人がだった――。そんなときは、距離の図り方の参考にしてみてくださいね。
(柚木深つばさ/ライター)