アフガニスタンの首都カブールで、爆発現場となった結婚式場(2019年8月18日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新、写真追加)アフガニスタンの首都カブールで17日夜、結婚式を標的とした爆発があり、少なくとも63人が死亡、182人が負傷した。当局が18日、明らかにした。

 今回の事件は、米国とアフガニスタンの旧支配勢力タリバン(Taliban)が、近く和平協定に署名するとみられている中で起きた。タリバンは爆発への関与を否定している。

 内務省のナスラト・ラヒミ(Nasrat Rahimi)報道官は、カブール西部の結婚式場で午後10時40分(日本時間18日午前3時10分)ごろ爆発があったと発表し、フェイスブック(Facebook)に遺体とみられるものが写った宴会場の写真を公開した。

 同報道官によると、カブールでここ数か月間に起きた事件では死者数が最多となり、女性や子ども負傷したという。

 アフガニスタンで結婚式は一大行事で、数百人、時には数千人が参加して非常に広い式場で行われる。男性は、女性や子どもとは別の場所に集まるのが通例だ。

 女性が集まる場所にいたという人は、男性が集まる場所から大きな爆発音が聞こえたと話し、「皆が泣き叫びながら外に走り出した」「20分ほどホールには煙が充満していた。男性のエリアにいた人はほぼ全員が死亡、あるいは負傷した。爆発から2時間たっているが、まだ遺体が運び出され続けている」と語った。

 今回の事件は、米国とアフガニスタンの旧支配勢力タリバン(Taliban)が、近く和平協定に署名するとみられている中で起きた。現在のところ、この事件で犯行声明は出されていない。

【翻訳編集】AFPBB News