近藤春菜

写真拡大

 最近注目を浴びているのは、怒れるオンナばかりである。宇垣美里、中井りか、弘中綾香アナ、山本舞香…「お前ら、いちいちうるせえな」を言わずにおれない女性に、「自分を持っている強さ」や、「女子アナ・タレントらしくない正直さ」という魅力を感じる人もいるだろう。ときには「美人でドSってたまらない」、という声も聞かれる。しかし一番の理由は、みんな怒りたいのに怒れない抑圧を感じているからではないか。多かれ少なかれ空気を読まざるをえないご時世。だからこそ周囲の思惑を気にせず「怒れる女性」は、スカッとするひとつのエンタメとして需要があるのだと感じている。

 そんな中、空気を読んで怒るというハイブリッドな技を見せているのがハリセンボン・近藤春菜だ。

近藤春菜

 爆弾処理班のような女、春菜。特に日テレでの様子を見ていると、そんな言葉が思い浮かぶ。キナ臭い話題の時でも一生懸命に、視聴者目線を忘れずに怒りのコメントをしてくれる様子は、確かに胸を打つ。今にも爆発しそうな世間の怒りや不満を見事に吸い取り、収める役回りを請け負わせたらピカイチなのだ。

 例えば吉本騒動では、怒りをあらわにする「スッキリ」MC・加藤浩次のフリに対し、サブMCとして身内をしっかり批判。でも後輩が置かれた苦境も含め、声を震わせて語る姿は賞賛された。その2年前は SMAP解散決定後、中居正広が背負う重責を「ナカイの窓」で涙ながらにいたわる様子を見せ、「ファンの気持ちを代弁してくれた」と話題になっていた。

 そう、彼女が重宝される理由は「代弁」能力である。司会者や視聴者が言って欲しいことを、過不足なく、しかもエモーショナルに言える。この嗅覚が優れているのはアンミカや若槻千夏もそうなのだが、いかんせん彼女たちはガチャガチャしていて、「私わかっていますよ」という自意識が悪目立ちすることもある。一方で春菜は「角野卓造じゃねえよ」でお馴染みのギャグしかり、朴訥でぽっちゃりめの容姿も味方して、クレバーさが嫌みに転じることがない。以前は朝ドラで、クセが強めなヒロインの上級生役を好演していた記憶もある。自意識に溺れることなく、求められているものにきちんと応えるというカンの良さが備わっているのだろう。

重宝され続ける春菜の重責 第二のマツコになるのか

 カンの良さとバランス感覚といえば、マツコ・デラックスだ。毒舌といっても気遣いがあり目端がきくので、やはり炎上案件やお騒がせタレントとも相性がいい。巨体の女装家という、見た目のインパクトによって多少の物言いは緩和されるという立ち位置も春菜と近い。だから各局で引っ張りだこで、マツコファンという女性タレントは多いが、春菜も吉高由里子やPerfumeなどの人気芸能人と交流が深く、「春菜会」なるものさえあると聞く。ちなみに春菜が女優陣と飲む際、支払いは春菜持ちという報道もあった。これまた周囲の空気を読んで財布を開いているのでは、という心配をしてしまうほどだ。

 ニホンモニターによれば、2019年上半期のタレント番組出演本数ランキングではマツコを抑えて5位という順位の春菜。しかしこれだけ「使い勝手の良い」春菜も、マツコのように各局でメインMCを張らせてもらえるわけではない。それは彼女の芸人としての謙虚さと矜持が阻む、哀しい宿命のようにも思える。

 友近や渡辺直美、ブルゾンちえみなど、人気女性芸人の中にはお笑い以上に自己表現をしたいという欲求が見えるタイプもいる。でも春菜にはそういう欲が見られない。あくまでも「笑われる側」としての立場を全うするという、頑固な意思さえ感じる。だからひな壇芸人として空気を読むのが実に上手いが、メインMCとして他人に空気を読ませることには興味さえ示さないのではないだろうか。そのストイックさがあるからこそ好感度が高いとも言えるし、逆に少しでも上昇志向を見せれば「分不相応だ」と手のひら返しをされる空気を読んでいるとも言えるだろう。

 つまり春菜はあえて「第二のマツコ」の道は選んでいない気がする。“爆弾処理”を粛々と請け負い続ける職人芸的な姿勢は、“爆弾処理”を安価かつ穏便に済ませたいテレビ局と利害は一致する。きょうもそこかしこで炎上が起きる世の中、ますます春菜の希少性は高まり、重責を担い続けることになる。

 しかも今年は24時間テレビのランナーにも抜擢された。日テレの常套手段、困ったときの近藤春菜。近年は批判も多いこの企画、人選によってガス抜きしようとしたのならこの上ない起用である。とはいえ、さすがになんでもかんでも背負わせすぎではないか。彼女が倒れたら、穴埋めをできる人材はなかなかいないだろう。愛が地球を救うとして、春菜は誰が救うのか。明石家さんまとのやりとりでは、「ブタじゃねーよ、ヒューマンだよ」と言うのがお約束だが、まさにもう少し人道的な扱いが求められる気さえする。

(冨士海ネコ)

2019年8月18日 掲載