8月21日(水)にイギリスのヨーク競馬場で行われるインターナショナルステークス(G1)に出走予定の日本馬の調教状況および関係者コメントは下記の通りです。

●インターナショナルステークス(G1)
(芝・2050メートル)

○シュヴァルグラン号(牡7・栗東・友道康夫厩舎)
本日(現地時間8月16日(金))の調教状況
ニューマーケット調教場
ゴールデンマイル 芝コース→追い切り 5ハロン
O.マーフィー騎手騎乗

O.マーフィー騎手のコメント
「今日は芝コースを5ハロンで追い切りました。最初の1ハロンはキャンターで、その後はギャロップで走りました。とても満足できる動きでした。日本馬でもう一度G1レースを勝利したいと思います」

大江祐輔調教助手のコメント
「道中の気配も良くて、気持ちも適度に乗ってバランスよく集中して走れていたと思います。仕掛けてからの反応も良く、やりすぎないように気をつけました。調教後は息もすぐに整ったので、良い状態でレースに行けると思います」

※JRA発表による