@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

モントレーカーウィークに登場

アウトモビリ・ランボルギーニは、北米で開催中の自動車イベントで、「ウラカン・エボGTセレブレーション」を発表した。36台だけの限定車で、耐久レースにおける輝かしい戦歴を祝したモデルである。

ウラカン・エボGTセレブレーションは、2018年、および2019年のデイトナ24時間、さらにセブリング12時間に勝利したことを祝い、その合計時間である「36」にちなんで製造される限定車だ。

「モントレーカーウィークで発表されたウラカン・エボGTセレブレーション」

両レースに参戦したウラカンGT3エボは、2年連続で2つのレースの栄冠を掴んでいる。ポールミラー・レーシングとともに猛牛に4つの勝利を届けたGRTグラッサー・レーシング・チームを想わすデザインを採用。グリーンとオレンジを組み合わせたカラーリングは実に鮮烈だ。

六角形のなかに「ナンバー11」を描いたフロントフードとドアは、レーシングスピリットを物語り、20インチのシングルナット・ホイールとカラード・ブレーキキャリパーが足もとを引き立てる。

内装も特別な1台

カスタマーが望むならイタリアとアメリカの国旗をデザインに取り入れたパーソナライゼーションも用意されているほか、サイドメンバーを「Daytona 24」「Sebring 12」というプレートで飾ることもできる。また、ドライバー側のBピラーには36台のなかの1台であることを示すカーボン製プレートを配した。

内装は、アルカンターラにボディ同色のステッチが入った刺繍で仕立てられ、2脚のシートの間には国旗を描いた六角形のプレートが備わる。

「モントレーカーウィークで発表されたウラカン・エボGTセレブレーション」

本限定車は北米市場のみで発売され、納車は2020年前半に始まる予定だ。