<ヤ・中>試合終了後、ナインとハイタッチする与田監督(中)(撮影・西海健太郎)

写真拡大

 ◇セ・リーグ 中日4―2ヤクルト(2019年8月16日 神宮)

 中日が逃げ切り勝ちを収めた。

 打線は初回に大島、堂上に2ランが飛び出し、4点を先制。ただ、2回以降は3回1死一、二塁、7回1死満塁など幾度も得点圏に走者を置きながらあと1本が出ず、無得点に終わった。

 それでも2点リードの5回1死一、二塁のピンチで好リリーフした2番手・三ツ間をはじめ、救援5投手が無失点で踏ん張り勝利。

 与田監督も「投手が抑えるしかない場面でよく頑張った。三ツ間は貴重な場面で落ち着いてピッチングができるようになってきた」と労った。