リアクション芸に挑戦する中澤佑二(左)を大爆笑で見つめる浜田雅功(C)MBS

写真拡大

 ダウンタウン・浜田雅功が20日放送のMBS「ごぶごぶ」(後11・56)で、元サッカー日本代表主将・中澤佑二と共演する。今年で引退した41歳が、浜田とのロケでこれまでのイメージを完全崩壊させる。

 サッカーに打ち込むその姿勢から“ミスターストイック”の異名で知られた中澤。20年間の現役生活では、酒や揚げ物を自ら禁止し、夜遊びも一切しなったという。しかし現役引退後、第二の人生を歩むために選んだ、浜田とのロケテーマは「現役時代サッカーのために禁止していたことを解禁し、自身のストイックなイメージをぶっ壊したい!」。浜田にさまざまな“初解禁”を見届けてほしいとリクエストする。

 今回の初解禁の舞台は、大阪・アメリカ村にあるソファとテレビが置かれただけの普通の部屋。「現役時代、家でまったりしたことがない」という中澤の初解禁は「ポテトチップスを食べ、ジュースを飲みながら何も考えずゴロゴロする」。元サッカー日本代表キャプテンが、テレビとは思えない姿をさらしてしまう。

 そして中澤は、バラエティー番組ではド定番の「リアクション芸」にも人生初挑戦。「これから芸能界で生き残っていく上で必要!」と自らリクエストした。スタジオには“激辛パンケーキ”“箱の中身はなんでしょう”“ビリビリ小豆つかみ”“激臭靴下”など、芸人泣かせのリアクショングッズを用意。ここで浜田が本領を発揮(?)し、ドSモード全開に。スタジオに中澤の絶叫が響き渡り、悶(もだ)え、そしてよじれる。