初回2死一塁、2ランを放った堂上(撮影・西海健太郎)

写真拡大

 ◇セ・リーグ 中日4―2ヤクルト(2019年8月16日 神宮)

 中日が初回の4点を守り、ヤクルトの4連勝を阻んだ。

 初回、大島の今季1号となる右越え2点本塁打で先制すると、堂上も左越え2点弾を放ち計4点を奪った。ヤクルト戦は来日初登板のロメロが5回途中で降板すると、以後5人の投手を投入して逃げ切った。

 右手小指のじん帯断裂で離脱していた高橋が1カ月ぶりに復帰し、6回2死三塁から代打で四球を選んだ。

 ヤクルトは先発小川が11敗目(3勝)。2回以降は無得点に抑えただけに初回の失点が痛かった。打線機4回に広岡の中越えソロ、無死満塁で雄平の内野安打で2点差としたが、8回は3安打を放ちながら得点できず、9回も1死一、二塁の好機で山田哲、バレンティンが不発だった。