乾貴士のエイバル、2019-20新ユニフォームを発表!新メーカーは「JOMA」

写真拡大 (全8枚)

スペイン1部のエイバルとキットサプライヤーのJomaは7月、2019-20シーズンに向けたユニフォームを発表した。

クラブは7月、日本代表MF乾貴士の獲得を発表。古巣への復帰を果たした乾は、再びレッド/ブルーのキットを身にまとう。

Eibar 2019-20 Joma Home

キットサプライヤーはPumaに代わって今季からJomaに。NEWホームキットは伝統のレッド/ブルーのストライプだが、グラデーションを施した点が特徴的。小さな襟が付くが、胸元にボタンは見当たらない。

エイバルはバスク地方のクラブ。背面の首元にはホーム、アウェイ、サードの各キット共通でバスク旗の“イクリニャ”を取り付ける。

パンツとソックスはブルーを基調としたデザイン。コンプリートルックはこのような感じとなる。

Eibar 2019-20 Joma Away

昨季はホワイトを基調としたデザインだったが、今季は濃淡のグリーンを採用。ユニークなドット模様でグラデーションを施す。胸のスポンサーは「AVIA Esergui」で継続する。

パンツとソックスはどちらもダークグリーンを基調とし、シャツと色がつながるような演出に。

Eibar 2019-20 Joma Third

サードユニフォームは16-17シーズン以来となるライトブルー。各部の差し色にホームキットのレッドとブルーを配する。

パンツとソックスもライトブルーを配し、コンプリートルックは全身同色に。

エイバルは17日にマジョルカとのアウェイゲームで、19-20シーズンのラ・リーガ開幕を迎える。