@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

ベースはシロンか

ブガッティの新型ハイパーカー「チェントディエチ」が、北米で今夜(現地時間)発表される予定であるが、その画像がオンライン上にリークされた。

現代のブガッティにとってアイコニックな存在である「EB110」をオマージュしたモデルである。その姿を見る限り、量産モデルであるシロンをベースにしていると考えられる。

「EB110をオマージュしたと考えられるチェントディエチ(中央)」

限定モデルであるディーヴォ、ワンオンのラ・ヴォアチュール・ノアールと同様に、本モデルも、シロンに搭載される8.0LのW16クアッドターボ・ユニットを採用する可能性が高い。

スタイリングは、シロンのロー・アンド・ワイドなスタンス、馬蹄とアーチを組み合わせた形のフロントグリル、回り込んだスタイルのリアライト、大型リアウイングといった特徴を残している。一方でシロンと異なる外観として、非常にスリムなヘッドライト、シャープなボディ・ライン、EB110 SSを想わせる円形のカットアウトが挙げられる。

ブガッティ 110周年

今年公開されたシロン・スポーツが20台限りのモデルであったことを考えると、チェントディエチもやはり同程度の限定生産車になると思われる。

ブガッティ自身も今回のリークを認識しており、110周年記念の一環として、モントレーカーウィークのペブルビーチ・コンクールデレガンスの中で「チェントディエチ」を正式発表することを改めて表明している。

「1909年に設立されたブガッティは、今年110年目を迎える」