@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

クルマを中心とした展示、保管スペース

アストン マーティンのビスポーク部門であるQ by アストン マーティンは、車両のガレージをデザインするサービスを開始した。今日ペブルビーチで公開されたオートモティブ・ギャラリーズ・アンド・レアーズは、アストン マーティンのオーナー向けにその保管と展示のスペースを設計する。

この部門は建築会社との提携により、家全体のデザインや設計も担当することができるという。個々のプロジェクトに専門の建築士が付き、それぞれの地域などに応じた需要に対応するとのことだ。

ヴァルハラを中心としたガレージ

今回展示されたデザインコンセプトは、地下に作られた贅沢なギャラリーをイメージしており、水槽の内側にはヴァルハラが配置されていた。他にも開放的なガラス張りの正面にヴァルキリーを置いた画像も示されている。

アストンによるマンションも建設

アストン マーティンのチーフ・クリエイティブ・オフィサーであるマレク・ライヒマンはいう。「クルマを中心に据えた家や別荘をイメージしてください。これは芸術的なクルマを展示するためのスペースです」

「これが今回の新しいサービスにより実現可能となりました。クルマ好きにとって、ガレージは家の他の部分と同様に重要です。われわれがデザインするギャラリーはクルマをエンターテインメント・スペースの一部として飾り、アストン マーティンの所有体験を新次元へと押し上げます」

ヴァルキリーを置くガラス張りガレージ

ギャラリーズ・アンド・レアーズはアストン マーティンがマイアミに作るという高級マンションの建設に合わせてスタートするという。アストン マーティン・レジデンスは66階建てで全391戸のマンションであり、今後2年で完成するとのことだ。