『わたしは光をにぎっている』ポスター
 - (C) 2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema

写真拡大

 ドラマ「この世界の片隅に」などで知られる松本穂香が主演を務める映画『わたしは光をにぎっている』の予告編とポスターが公開された。公開日が11月15日に決定したこともあわせて発表された。

 本作は、『四月の永い夢』(2017)で第39回モスクワ国際映画祭・国際映画批評家連盟賞を受賞した中川龍太郎監督がメガホンを取った作品。亡き両親に代わって育ててくれた祖母の入院を機に、東京へ出てくることになった澪(松本)が主人公。共演には、渡辺大知、徳永えり、光石研、樫山文枝が名を連ねる。

 都会の空気に馴染めない澪だったが、「目の前のできることから、ひとつずつ」という祖母の言葉をきっかけに、居候先の銭湯を手伝うようになる。昔ながらの商店街の人々との交流も生まれ、都会の暮らしの中に喜びを見出し始めたある日、区画整理によって街がもうすぐなくなることを知る。その事実に戸惑いながらも、澪は「しゃんと終わらせる」決意をするのだった。

 公開された映像では、澪が戸惑いながらも都会で新生活をスタートさせる姿を見ることができる。人付き合いが苦手な澪が「何でも察してくれると思わないでください」と厳しい言葉を浴びながらも、友だちや好きな人ができ、明るくなっていくさまが温かい映像と共に映し出される。

 澪役の松本は、本作の本編映像を観て「自分が出ている作品なのに、こんな風に泣いたのは初めてのことでした。この映画に出会えてよかったです」とコメントを寄せている。(編集部・梅山富美子)