矢口史靖監督からの手紙に涙する三吉彩花 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 女優の三吉彩花(23)が16日、都内で行われた映画『ダンスウィズミー』の初日舞台あいさつに登壇。本作のメガホンをとった矢口史靖監督(52)がサプライズで手紙を読み上げると涙する場面も見せ、主演作の封切りにあらためて決意を述べた。

【動画】主演作への意気込みを語った三吉彩花

 矢口監督は「クランクインの前なので覚えているかな? 僕とやしろさんと三吉の3人でご飯に行きました。その時に、オーディションで僕だけは三吉さんでいけると思った。あなたならこの役をやれる。安心して現場に来てください」と撮影前に三吉を励ます言葉を送ったエピソードを披露。続けて「あれは安心させるために言ったでまかせです。でも今なら言えます。僕の目に狂いはなかった。よく頑張りました。矢口組に参加してくれてありがとう」と一つひとつ、優しい口調で三吉へ感謝を伝えた。

 矢口監督の言葉に、ポロポロと涙を流した三吉は「オーディションをして受かって、頑張りますとお話させていただきました。監督は『私でいきたい』とおっしゃってくださいましたが、数々のプロデューサーの方がこの作品に入って、不安だったと言っていることを撮影している途中に聞いたんです」と明かし、「そこで自信をなくしまして…」と言いかけると、さらに涙がこぼれた。

 観客から「頑張れ!」と温かいエールが飛び、また言葉を紡ぎ始めた三吉。「撮影始まっちゃってて、日本のミュージカルとして発信させていくような作品を『私で大丈夫なんだろうか?』とまた自信をなくしていました。でも、お手紙をいただいて、いろんな所で映画観てきたよとコメントを寄せていただいて、自信に変わりつつあります。しんみりさせちゃったけど、ありがとうございます」と最後は笑顔で、監督とファンに感謝と自分の気持ちをしっかりと届けていた。

 この日は、やしろ優(32)、chay(28)、三浦貴大(33)、ムロツヨシ(43)、宝田明(85)も登壇した。

 同映画は、『ウォーターボーイズ』(2001)、『スウィングガールズ』(04)などヒット作を生み出した矢口監督の最新作。三吉は、約500人のオーディションを勝ち抜き、催眠術によって音楽を聞くと“歌わずに踊らずになられないカラダ”になってしまう主人公・鈴木静香に抜てき。催眠術師のサクラとして舞台上で催眠術に掛かったフリをする斎藤千絵をやしろ、謎のストリートミュージシャン・山本洋子をchay、鈴木と同僚の先輩エリート社員・村上涼介を三浦、催眠術師・マーチン上田を宝田、マーチン上田の捜索をする興信所の調査員・渡辺義雄をムロが演じる。