尼神インターの渚が、8月13日放送の『ジンギス談!』(HBC北海道放送)に出演した。

 番組で渚は「東京で仕事が一緒になると嬉しい」という霜降り明星のせいやについて、「最近エロいお店に行ったそうなんです。普通お店って1対1なんですけど、お金があるから追加料金を払って、3対1でやってもらったらしい」と暴露。

 これに共演者たちが「あいつが3対1で?」「そんなのできるんだ」と驚くと、渚は「せいやはMなのでSM系のお店で」と補足説明。

 さらに共演者が「3人の女王様に? ほぼリンチじゃん」と驚くと、「でもせいやには快感なんでしょうね」と語っていた。

 SMクラブ通いをバラされてしまったせいやだが、2018年1月20日放送の『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)では、プライベートで出会った女王様とのやりとりを告白している。

 あるとき、自身のツイッター経由で「お前を見てるといじめたくなるんだわ」とのダイレクトメッセージを受け取ったせいや。意を決して会ってみたところ、「女優のりょうさんを半分にしたぐらい細い」女性がやってきたという。

「握手させて、ファンやねん」と挨拶した女王様は、せいやに対し、「お前は3つから選ぶ権利がある。カラオケに行くか、居酒屋に行くか、コンビニでお酒を買ってそのままホテルに行くか」と提案。当然せいやはホテルを選ぶ。

 いざプレイが始まると、女王様は「乳首つねったるわ」と宣言し、せいやが過去におこなった仕事を口にしながらつねってきた。

 その後、我慢ができなくなったせいやが女王様に性行為を懇願するも、「足の指を舐めてから」と前戯を要求。

 女王様の指示どおり、くまなく指を舐めたのだが、「私、終電だから帰るわ!」と逃げられてしまったという。翌日には女王様の足のバイ菌で喉が腫れるというおまけつきだった……。

 過去の失敗が、せいやのSMクラブ通いを加速させたのかもしれない。