8月12日、NIKEがアメリカ国内で「Nike Adventure Club」というサブスクリプションサービスを開始した。2歳から10歳向けのキッズ用シューズを家に届けてくれる内容で、育ち盛りの子どもを持つ親たちの買い物の負担を減らすのが目的だ。

プランは、月額20ドル(約2100円)で年に4足、月額30ドル(約3200円)で年に6足、月額50ドル(約5300円)で年に12足を受け取れる3種類が用意されている。シューズは、NIKEとCONVERSEの100種類以上から選べるとのこと。

また、シューズが入ったボックスには、親と子どもが一緒に遊べるアウトドアゲームなどが同梱されている。これは今までの買い物に充てていた時間をより有意義に使って欲しいという気遣いだろう。

ちなみに、NIKEはこのサービスの一環として、子どもが成長して足に合わなくなってしまったシューズを回収し、特定の団体に寄付したりリサイクルするといった旨も発表している。

Top image: © NIKE