映画『永遠に僕のもの』イラスト/中村明日美子

写真拡大

 スペインの鬼才ペドロ・アルモドバルがプロデュースし、美貌の新星俳優ロレンソ・フェロが実在の連続殺人犯を演じる映画『永遠に僕のもの』より、BL誌を中心に活躍する7名の漫画家が描いた、映画をイメージした耽美なイラストが解禁された。

【写真】『永遠に僕のもの』中村明日美子ら豪華作家陣による耽美イラスト(7点)

 本作は、アルゼンチンの犯罪史の中で最も有名な連続殺人犯で、その美しいビジュアルから時に「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの、美しくも儚い青春を描く作品。アルゼンチンの監督ルイス・オルテガがメガホンをとり、1000人もの候補者の中からオーディションで主役の座を射止め、映画デビューを果たしたロレンソが主人公カルリートスを演じる。

 ブロンドの巻き毛に透き通る瞳、艶やかに濡れた瞳、磁器のように滑らかな白い肌。神様が創ったかのような美しさを持つ17歳の少年・カルリートスは、欲しい物は何でも手に入れ、目障りな者は誰でも殺す。やがて新しい学校で会った、荒々しい魅力を放つラモン(チノ・ダリン)と意気投合したカルリートスは、2人でさまざまな犯罪に手を染めていく。だが、彼はどんなに悪事を重ねても満たされない想いに気づき始める…。

 今回イラストを描き下したのは、アニメ映画版のヒットも話題を呼んだ『同級生』シリーズの中村明日美子、『蟷螂の檻』の彩景でりこ、『YOUNG BAD EDUCATION』シリーズのダヨオ、『天国 in the HELL』の虫歯、『朝とミーチャ』シリーズのビリー・バリバリー、『そんなにキレイじゃなくていい』のうり、『夜のなかで君をさがす』の京一といった、BL誌を中心に高い人気を誇る面々。人を発情させるほどの美貌で、多くの人々を魅了するカルリートスや、その相棒のラモンらを、それぞれのタッチで魅力たっぷりに描いている。

 なお、中村明日美子のイラストをはじめ、貴重な原画は渋谷シネクイントに展示される予定。詳細は公式サイトにて。

 映画『永遠に僕のもの』は8月16日より全国順次公開。