画像提供:マイナビニュース

写真拡大

2019年7月から放送開始となったTVアニメ『胡蝶綺 〜若き信長〜』より、第七話「愛と死」のあらすじ&先行場面カットが公開された。

○●TVアニメ『胡蝶綺 〜若き信長〜』、第七話のあらすじ&場面カット

■第七話「愛と死」

末森城を守る弟の信勝となかなか顔を合わせる機会のない信長。手紙を送っても返事が無い。尾張を狙う今川義元を撃退するために出陣した際も、信長が援軍を求めたものの信勝は動かない。兄の力になりたい信勝を足止めしていたのは母である土田御前だった。そんな折、本家である清洲が今川と通じていることが明らかになる。

(脚本:笹野恵、絵コンテ:牧野友映、演出:吉田俊司/牧野友映、総作画監督:中嶋敦子/長田絵里、作画監督:ウクレレ善似郎/松竹徳幸/小島絵美/浅井昭人/山村俊了)

TVアニメ『胡蝶綺 〜若き信長〜』は、AT-X、TOKYO MXほかにて放送中。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)揚羽母衣衆/胡蝶綺製作委員会